ペンギン・ハイウェイ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/ljbwesiumb
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:ペンギン・ハイウェイ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
【解説】「ペンギン・ハイウェイ」〜〈海〉と〈お姉さん〉に関する考察
Excerpt(概要):森見登美彦の小説は以前から大好きで、今までに「太陽の塔」「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」「【新釈】走れメロス他四篇」「有頂天家族」「宵山万華鏡」「夜行」を読んでいる。しかし日本SF大賞を受賞した「ペンギン・ハイウェイ」は未読であり、映画版が余りにも素晴らしすぎたので、これを機会に一気呵成に読み通した。
Weblog(サイト)名 : エンターテイメント日誌   / Tracked : 2018年9月7日
【考察】映画「ペンギン・ハイウェイ」と宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
Excerpt(概要):アオヤマくんは〈お姉さん〉と一緒に体験した冒険を通じて、宇宙とか世界の果てについて思惟する。ジョバンニのように。そして初めて死を身近に意識し、大人への階段を一歩登る。少年期の終わり。哲学的であり、秀逸なジュブナイル映画である。
Weblog(サイト)名 : エンターテイメント日誌   / Tracked : 2018年9月6日
『ペンギン・ハイウェイ』をヒューマントラストシネマ渋谷2で観て、
Excerpt(概要):★★★★ワクワクしてしまった。いい部分もあれば悪い部分もあると思う。映画の弱点として「謎」と主人公の距離が偶然にしては近すぎるという点がある。必然性が小さい偶然はご都合主義と言われてしまうし、私自身もそう思う。あと、何故、ペンギン? 大量のペンギンは『パンク侍、斬られて候』の猿みたいで面白かった。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2018年8月28日
「ペンギン・ハイウェイ」
Excerpt(概要):★★★★★ なんと!これは素晴らしい秀作だった。長編デビュー作にして、こんな見事な作品を完成させてしまうとは。この映画は、そうした子供時代に抱いていた、ワクワクした夢と好奇心を忘れてしまった大人たちには、ちょっぴり胸痛む作品であり、そうした子供時代を思い出して私は泣けてしまった。そういう意味では、大人こそ観るべき作品であると言えよう。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜 映画をも... / Tracked : 2018年8月26日
ペンギン・ハイウェイ・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ 思春期の恋心を刺激的なスパイスに、子どもならではの世界の理に対する率直な興味が、夏休みの冒険という非日常の中でスパーク。物語のキーパーソンとなる、“お姉さん”を演じる蒼井優が最高に素晴らしい。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年8月23日
ペンギン・ハイウェイ
Excerpt(概要):★★★ お姉さんには母性がある。缶コーラを放り投げると、ペンギンが生まれる。まるで卵を孵化させるみたく。ましてやおびただしい数のペンギンがはばたくシーンはエロチックでさえある。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年8月19日
ペンギン・ハイウェイ
Excerpt(概要):★★★ まずは絵がきれい。特に街の様子が、写真に近くて明るい色合いで、良かったです。原作を前に読んでいました。読んだ時は突飛な話だし、想像力を膨らませないとならなかったけど、アニメで見るとわかりやすかった。やっぱり不思議な話。アオヤマ君の忘れられない初恋ファンタジーという感じがしました。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2018年8月19日
劇場鑑賞「ペンギン・ハイウェイ」
Excerpt(概要):観終わって…心が澄むような感じに〜。SF作品ではあるんだけど、そこに哲学や物理が混ざっていて、凄く深い作品になっている。ファンタジー要素に子供の成長物語も加味されて、素晴らしいまでのジュブナイル作品!
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2018年8月18日
ペンギン・ハイウェイ
Excerpt(概要):★★★★ 画像が素晴らしくて、内容もファンタジーとSFものを合わせたような物語になっていた。可愛くて楽しいだけの物語ではなくて、思春期を迎えた男の子が、憧れのお姉さんを前に自分の気持ちと葛藤し、最後には切ない想いをするという。宇多田ヒカルの「Good Night」が、胸に迫る切なさを表しているようで、シンプルながら力強い歌詞が、ノスタルジックな一面を感じさせる作品の世界観を彩っていて大変良かった。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年8月17日
参照ページ:ペンギン・ハイウェイ

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.