ヒトラーの忘れもの : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/kkciojoild
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:ヒトラーの忘れもの
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(8)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『ヒトラーの忘れもの』('17初鑑賞56・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ 実話ベースの作品。救いようのない展開、ラストは映画ならではの創作かもしれませんが、生き残った4人の少年兵が無事、ドイツに戻れたと信じて、4人の走る後ろ姿をみるカール軍曹の表情にかすかな希望を感じました。この作品は、観ておくべき作品です。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年6月2日
ヒトラーの忘れもの
Excerpt(概要):★★★★ 少年達にしっかりと名前を名乗らせて、彼らも一人の人間だと観客に分からせます。みな汚れていて、僕から見ると見分けにくかったのだけど、それぞれちょっとずつエピソードがあり、背景をきざませています。だから、どんどん犠牲者がでてくると、こちらの心もどんどん重くなっていく一方。一方で、ラスムスンが犬を飼っていたり、近隣の幼い少女との交流など、心をなごませる部分もあって、緩急がついているのも、こちらも緊張感を保ったままでいられないので、助かります。徴兵されただけの10代の少年たちが過酷な目にあっているのをみると、戦争の悲惨さが実感されます。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2017年3月15日
「ヒトラーの忘れもの」
Excerpt(概要):★★★★ どこまでも広がる青い海が、いつも背景にある点も効果的である。軍曹を演じるローラン・モラーがいい。この映画が素晴らしい点は、逆転現象的発想にある。本作は史実をベースにしているが、こんな秘話があった事はまったく知らなかった。デンマークが舞台というのも珍しい。戦争は悲劇であり、恐ろしい。それでも世界中に、今も戦争は絶えない。人間は、かくも愚かしい存在なのか。考えさせられる、これは素晴らしい秀作である。「ヒトラーの忘れもの」という邦題はソフト過ぎて、ハードな作品内容にそぐわない。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2017年1月15日
ヒトラーの忘れもの / Under sandet
Excerpt(概要):この作品は、邦題あるあるに巻き込まれてしまっていますねぇ。英語のタイトルだと、“Land of Mine”なんですが、こっちの方が適切かな。邦題の『ヒトラーの忘れもの』だと、なんか牧歌的で、中身にそぐわない気がします。
Weblog(サイト)名 : 勝手に映画評  / Tracked : 2017年1月6日
「ヒトラーの忘れもの」
Excerpt(概要):邦題の「ヒトラーの忘れもの」はちょっと低俗過ぎてドラマに不適当かと思った。史実では多くのドイツ兵が亡くなったと記され胸を打たれる。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2017年1月1日
「地雷と少年兵」第28回東京国際映画祭 (日本公開タイトル「ヒトラーの忘れもの」)
Excerpt(概要):実際にデンマークでは、ドイツ軍が埋めた地雷の撤去をドイツの少年兵にさせていたという史実があるとのことだ。過ちを過ちと認め描き切った勇気が、観客に自己を省みさせ、感動を与える作品となったのである。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2016年12月20日
ヒトラーの忘れもの
Excerpt(概要):こういう歴史があったことを初めて知ったと同時に、リアルな展開に胸が痛みました。昨年の東京国際映画祭で出会った映画の中でも、特に心に残り続けた1本でした。厳しい歴史を伝えてくれる作品でした。観た時も忘れられない作品になったと感じましたけど、1年以上過ぎてもやっぱり思い出せるなと感じました。せめて、こんな少年たちの歴史があったことを知ることが出来て良かったと思った1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年12月18日
【TIFF_2015】『地雷と少年兵』 (邦題『ヒトラーの忘れもの』)
Excerpt(概要):★★★★★ 作品としてのまとまり、映画的な部分、映像の余韻まで完璧でしたね。前例のない緊迫感と不条理と対照的な、少年たちの無邪気さが哀しい。第二次大戦後デンマーク西海岸で起こった史実に基づく。あどけない少年兵が強いられる際限のない緊張感、死と生の微かな耐えられない境界線。人の残虐性に敵味方はない、そしてどれもが哀しい。
Weblog(サイト)名 : Nice One!! @goo  / Tracked : 2016年12月12日
参照ページ:ヒトラーの忘れもの

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.