グラスホッパー : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/jtengbudcz
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:グラスホッパー
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(13)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「グラスホッパー」 緑色のバッタ
Excerpt(概要):彼の作品は登場人物のバックグラウンドに悲しい出来事、自分ではどうしようもない不条理事件などがあって、そこから生み出される暗さが作品を通じて低く流れているイメージがあります。作品全体に通奏低音のように響く陰々とした感じは、他の伊坂作品よりも強い感じはしました。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2015年12月4日
グラスホッパー
Excerpt(概要):★★★ やや期待はずれの作品でした。「グラスホッパー」というタイトルの意味がよく理解できません。思わせぶりにバッタの大写しや大群の様が何度も描き出され、また「群生相」といった言葉で凶暴化したバッタのことを説明したりしますが、ストーリーとどのように関係するのか、よくわかりませんでした。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2015年11月28日
『グラスホッパー』をトーホーシネマズ日本橋4で観て、
Excerpt(概要):★★★ 殺し屋がいっぱい出てくる映画は楽しくてたまらない。殺し屋と殺し屋がぶつかり合ったりしたら最高だ。技量と技量の頂点争いだから。ただ、もうちょっとウジャウジャ出てくるかと思ったらそうでもなかった。ヘタレだけど正しいという性格を全うしてて生田斗真は安心して役を任せられる。浅野忠信は普通の人間が追い付かない所にいる役が似合う。この浅野忠信の周囲に渦巻く今まで殺してきた者達の怨霊の妄想がなかなか秀逸。若い殺し屋の山田涼介もバラエティで見かける「山田」を思い出させもしないキレのあるいい演技だった。吉岡秀隆の抜群な地味さが光る。吠えまくる菜々緒が楽しい。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2015年11月25日
映画『グラスホッパー』☆菜々緒さんの雌カマぶり♪withタイムカプセル
Excerpt(概要):悲劇の中にも、期待通りの☆伊坂の光☆があるのがうれしい。都会で群れるのが、バッタなら今回の菜々緒さんは、イイ意味で、雌カマキリでしょうか。菜々緒さんの悪女っぷりは、ここでも、雌カマキリぶりを、如何なく発揮☆バッタもんのうごめきの中、復讐劇を敷きながらもタイムカプセルという希望があって良かった。
Weblog(サイト)名 : **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  / Tracked : 2015年11月17日
『グラスホッパー』 最高の調味料は?
Excerpt(概要):映画のなかの闘いは特段目新しさも激しさもなく、なぜ惹かれあうように闘うのかもよくわからなかった。渋谷のスクランブル交差点は、実際に原寸大でセットを組んだのだというからビックリする。普通の幸せなカップル鈴木(生田斗真)と恋人(波瑠)を描きたかったのかもしれないのだがちょっと寒かった。
Weblog(サイト)名 : サイの角のように 独りよがり映画論  / Tracked : 2015年11月16日
グラスホッパー
Excerpt(概要):アンバランスな普通と闇が描かれているのに、個性的な3人のキャラに、謎の人物が加わって・・・退屈はしませんでした。不思議な世界観ながら、メリハリの効いた作品になって居たと思います。斗真くんと浅野さんは上手いのはもう予想通りですが、今回は山田涼介クンに参りました!アクションも見事でしたし、最後までよかったです。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2015年11月15日
「グラスホッパー」:役者たちを見るべき映画
Excerpt(概要):どう見てもムリだらけ、ツッコミ所だらけのサスペンス・ミステリーですが、2時間をそれなりに楽しめる出来ではあります。生田斗真がらみの本筋と、鯨(浅野忠信)だ蝉(山田涼介)だが出て来るサイドストーリーが、噛み合うような噛み合わないような・・・。吉岡秀隆! あの吉岡秀隆にこんな表情が出来るんだ、こんな空気が出せるんだと驚きました。波瑠と菜々緒、名字の無い二人の女が天使と悪魔のような役柄で共演しているのも興味深いところ。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2015年11月14日
グラスホッパー
Excerpt(概要):★★★ まぁ面白かったんだけど、なんだろうな〜。う〜ん、まぁツッコミ所はありつつもまぁ面白く観られたんだけど、なんだかちょっと微妙。原作読んでなかったら、コレは面白かったなぁって感想を持ったかも知んないけれど、原作好きで何回か読み直してる自分としてはちょっと微妙な感じ。個人的には伊坂作品は中村義洋監督に担当して欲しいなぁ。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2015年11月12日
グラスホッパー
Excerpt(概要):★★★★ 今回の斗真くんは人の良さそうな気弱な感じで、どちらかというと山田くんのほうが目をひきました。いろんなジャンル?の殺し屋さんが出てきて面白い。山田くんは“美しき殺し屋”でにんまりしちゃったー。斗真くんは恋人が殺されて復讐のために....ということだけど、人の良さが出過ぎていていまいち復讐に燃えるという感じには見えなかった。浅野さんも渋くて存在感ばっちりで主役に思えた。内容は薄い感じだったけれど、殺し屋さん好きなので楽しめましたよ。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2015年11月11日
グラスホッパー
Excerpt(概要):伊坂ワールドが、広がります。「グラスホッパー」とはトノサマバッタの事で、普通は緑ですが、密集して育つと黒く変色して 凶暴になる。人間もしかり…。
Weblog(サイト)名 : Break Time  / Tracked : 2015年11月10日
グラスホッパー
Excerpt(概要):★★★★ グラスホッパーとはトノサマバッタのことで大量に発生すると形態変化を起こして凶暴化する。物語の筋がしっかりとしており、若干の説明的描写も気にならない。なにやら不思議な映画だった。敵の懐に入り込んで仕事を成し遂げるのは、ゴルゴ13みたいな腕の持ち主だ。よほど自信がないとできない芸当だと思う。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2015年11月9日
グラスホッパー〜本当のテーマは監視社会?
Excerpt(概要):★★★★ 本作と「MOZU」って、中身もよく似ている。本作の登場人物ってまともな名前の人もいるが、虫か花の名前の人がやたら多い。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2015年11月8日
劇場鑑賞「グラスホッパー」
Excerpt(概要):“いつも通り”の伊坂作品だったと思います。全体的なトーンは「ゴールデンスランバー」に似ているような…。とりあえず、伏線の張り方が絶妙で…。後半巧みに回収されていく感じが非常に心地良い。キャスト陣では蝉を演じた山田さんのアクションが素晴らしい。すっかり悪女が似合う女優になった菜々緒さんも最高でした!全体を通して、次に何が起こるのか想像がつかない展開に2時間ハラハラドキドキでした。かなり満足出来る作品に仕上がっていました!
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2015年11月7日
参照ページ:グラスホッパー

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.