ポテチ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/itrzqwdxa
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ポテチ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(12)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
【ポテチ】塩味も食べてみたら意外とおいしいよ
Excerpt(概要):今村がカワイイ。とにかく、すごく可愛い!そして、その今村そのままに、この映画も可愛い。ゆるっとしたストーリーに「?」と思いながらクスクス笑い、ラストに行くにつれて「ああ〜!」と色々解っていく展開は「フィッシュストーリー」と同じ味わい。中村監督×伊坂幸太郎×斉藤和義+濱田岳は、やっぱり最強!
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2012年12月20日
ポテチ
Excerpt(概要):68分という短い時間で、全てがきれいに纏まっている作品でした。尾崎って一体、今村の何?そんな疑問が最後に一気に明かされる展開。一見、無関係っぽい会話がこの疑問に繋がっているというのに気付いた時はすごいと思った。全く無駄が無いという印象。一時間ちょっと、という短さだから、だらだらした所もなく、あ、これがこういう訳だというのにも気付きやすい。エンドロールの途中で、ある場面が流れる。本当にすとん、と落ちた時、きれいにあるべきところへまとまったと思いました。
Weblog(サイト)名 : 映画感想メモ  / Tracked : 2012年11月11日
ポテチ : 愛情は、キリンに乗ってやって来る
Excerpt(概要):★★★★ なかなか良い作品で、シュールなギャグと人の優しさが上手く描かれた作品でした。濱田岳は良い味出してます。普段はひょうひょうとしながらも、ここぞの時は一挙に感情を爆発させます。大森南朋も良かったなぁ。あらすじも、絶妙だったなぁ。オチに対する伏線の張り方も上手くできており、無駄なシーンが一切ありません。
Weblog(サイト)名 : こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  / Tracked : 2012年11月7日
ポテチ
Excerpt(概要):68分の短さでありながら、邦画のいい所がきっちりと詰まった、忘れがたい作品となっています。こういうことは、伝えようとも決して息子には伝わらないのだろうなぁ…というもどかしさも含めて、心に残る素晴らしい作品でした。濱田岳は勿論のこと、木村文乃もとても良い演技をしていました。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2012年6月13日
ポテチ
Excerpt(概要):★★★★ 原作が中編のこともあって、上映時間は68分とかなり短いものの、逆にそうした作品の中に様々な要素が凝縮して詰め込まれている感じで、ご都合主義的なところ(皆がダンゴのように絡まり合ってしまう)はうかがえるものの、それこそアっという間にエンディングになりますから、そんなことはどうでもよくなり、まずは大層面白い映画です。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2012年5月24日
ポテチ
Excerpt(概要): 本作に登場する空き巣仲間たちは本当にこの世に存在しているのかという雰囲気がまずある。あたかも「愛しの座敷わらし」ならぬ愛しの座敷荒らしだ。これは伊坂作品に共通することなのだけれど。そのことは本作のモチーフにも 絡んでいる気配がある。東日本大震災が起きていなかったら製作されていなかった作品なのだから、それほど表に出てこない東日本大震災自体が虚数ということになる。ここには大震災があったかなかったかも大した違いはない、そう思わないとやってられない死生観が少し見える。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2012年5月15日
ポテチ
Excerpt(概要):★★★★ 濱田岳を主人公にしたのが正解だった。野球シーンは震災後に東北地方に元気と希望を届け続ける東北楽天をモデルにしているのは言うまでもない。漆黒の夜空に舞い上がった白球が人々の想いを乗せて飛んで行く。そしてその人々の想いはやはり被災地の方々の想いに重なる。原作が書かれたのは3.11より前だが、そういう意味で本作は今何かを届けたいという伊坂幸太郎と中村義洋という2人の人間の想いが伝わってくる作品だった。
Weblog(サイト)名 : LOVE Cinemas 調布  / Tracked : 2012年5月15日
「ポテチ」 口には出さない秘めた「想い」
Excerpt(概要):ミステリーではないですけれど、登場人物の行動と心の謎解きが行われるので、観終わったときになんというかすっきりと晴れやかな気持ちになるのですね。忠司、若葉、そして忠司の母親、それぞれの「想い」を大声でつまびらやかに語るのではなく、そこはかとなく感じさせるところが伊坂作品の真骨頂であり、また中村監督の過剰になりすぎない演出の匙加減なのだと思います。本作は1時間強という小さな作品ですが、それでもやはり伊坂さん、中村監督らしさを持った作品に仕上がっていました。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2012年5月13日
『ポテチ』 「絆」よりもヒステリシス!
Excerpt(概要):抜群に面白い映画である。68分という短めの上映時間の中に、思わずニヤニヤしてしまう軽妙な会話と、感情移入せずにはいられない愛すべきキャラクターたちと、一瞬たりとも飽きさせない意外性に満ちたプロットと、怒涛のような感動が凝縮されている。観客にスッと受け入れさせるのは濱田岳さんならではだろう。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2012年5月13日
ポテチ
Excerpt(概要):映画未見、小説未読の方でも、ポテトチップスが無関係ではないだろうという予想をされるだろう。これが作品のタイトルであり、主題の伏線なのだが、その、重量や価格や食べる時の音の手軽さ、B級感が、主人公の「物語」をより一層切なく、胸をいっぱいにさせる。台詞の1つ1つまで、原作を台本にして映画を撮ったのでは、と思うほどきっちりと台詞が使われている。「伊坂幸太郎×中村義洋×斉藤和義×濱田岳=最強」
Weblog(サイト)名 : 悠雅的生活  / Tracked : 2012年5月12日
ポテチ
Excerpt(概要):濱田岳なくして“ポテチ”なし!この空気感は彼ならではのもの。他の俳優でコレできる人は思い浮かばない。実に独特なニッチをしめる俳優だ。上映時間68分と短いのもvery good! 過不足なく描くもの描いてびしっと終る。エンドロール途中の映像も含め完成度が高かったと思います。楽しい作品でした。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと / Tracked : 2012年5月5日
ポテチ
Excerpt(概要):68分という短い時間の中で、主人公の揺れ動く心情が爽やかに描かれていました(^^)野球場のシーンが楽しそうでした〜何だかみんなちょっと面白い人たちでした。オザキのことになると自分を忘れるほど熱くなる今村。そんな今村をちょっと心配している若葉。今村が頼りにしていて、いつもどこを見ているかよく分からない黒澤。そんな3人の気持ちが交差する野球場のシーンでは主人公たちと一緒に試合の行方を見つめていました。映画全体が伊坂幸太郎&中村監督らしくて楽しかったです。観終った時、主人公はこれからどんな母子関係を作っていくのかなとちょっと気になった1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2012年4月25日
参照ページ:ポテチ

Google Web 象ロケ内




象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.