素敵なダイナマイトスキャンダル : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/inzuvlnxrj
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:素敵なダイナマイトスキャンダル
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(5)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『素敵なダイナマイトスキャンダル』をテアトル新宿で観て、
Excerpt(概要):★★ どこと言ったらエロ編集者時代が面白いのだろうけど、ゲラゲラ面白いというより、「松重豊さん朴訥そうでええなあ」的な役者見て面白いみたいな見方になってしまう。あっちゃんの存在感。最初の出会いから主人公の父親役の村上淳に手籠めにされそうだったり、ムチャクチャなのに最後までいる。すんげー冷たい目線がゾクゾク来る。役者よのう。尾野真千子の囁くような歌は好き。一つ一つのエピソードが羅列してるだけ感強し。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2018年4月14日
素敵なダイナマイトスキャンダル
Excerpt(概要):★★★★ 昭和のアンダーグランドカルチャーを牽引した希代の雑誌編集長の実話を元に、綴られた自伝的エッセイでもある。悲惨なはずなのに、ジメジメしていない面白さ、柄本さんがペンキをかぶって裸で街を疾走する、ストリーキング&アクションペインティングも印象的でした。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年3月29日
『素敵なダイナマイトスキャンダル』 思いも寄らぬ人生
Excerpt(概要):この作品は末井昭の半生を追うクロニクル(年代記)である。と同時に、70年代初めから80年代の終わりという昭和の風俗史を描いたものでもある。エンドロールで主題歌「山の音」がとても素晴らしく、ふたりの歌声が作品を見事に締めくくっている。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2018年3月25日
「素敵なダイナマイトスキャンダル」:猥雑で緩い時代の空気
Excerpt(概要):'70〜80年代の空気をたっぷり味わせてくれる2時間18分です。やや長めですが、飽きませんよ。末井昭を飄々と演じる柄本佑は、そのうさんくささや狂気の影を含めて好演でした。脇では、松重豊さんが面白かったなあ。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年3月21日
素敵なダイナマイトスキャンダル
Excerpt(概要):★★★ 末井の妻役の前田敦子もアパートの部屋で内職してジミーに支える姿が何故か様になっているというか、雰囲気に溶け込みきっているというか、うまい。世評の一部とは裏腹に前田は名演技者なのはこれまでもそうだった。草創期を支えたのは案外、前田のような人たちだろう。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年3月19日
参照ページ:素敵なダイナマイトスキャンダル

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.