ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/hpanrefww
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(18)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」@新宿ピカデリー
Excerpt(概要):出来上がった作品は枠に収まった平凡な出来で残念感は大きい。幕開けはソロの破天荒ぶりを打ち出したと思われるが、この演出がJ・J・エイブラムスが監督した「スター・トレック」のJ・T・カークのキャラ設定と似てしまった事は否めない。ダイナミックなアクションは見応えがあった。作品全体を見ると、設定をセリフで説明するシーンが多く、観客が納得しないうちに物語が進んでいる様な印象を受けた。嬉しいサプライズは「ウィロー」で主演務めたワーウィック・デイヴィスが盗賊の一員に居た事だ。
Weblog(サイト)名 : 新・辛口映画館  / Tracked : 2018年7月26日
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
Excerpt(概要): オールデン・エアエンライクはフォードに似せているのだろうけど、本家がすっかり大物俳優になったためにどうあがいても見劣りする。キーラ役のエミリア・クラークもイマイチ目立たない。ベケット役のウディ・ハレルソンの存在感が圧倒的過ぎて却って困る。他にもドライデン役のポール・ベタニーも凄く、脇役が主役を圧倒し過ぎだろう。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年7月24日
映画 『ハン・ソロ』
Excerpt(概要):地上戦や宇宙戦は、『スターウオーズシリーズ』を踏襲しており、楽しめます。また、キーラの格闘シーンも素晴らしかったです。ストーリーもスピンアウトものとしては、十分楽しめましたので、本作の続編も早く見たいですね。
Weblog(サイト)名 : こみち  / Tracked : 2018年7月21日
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
Excerpt(概要):★★★ まずまずの出来の娯楽映画っていう印象でした。オールデン・エアエンライクも決して悪くないのですが、何て言いましょうか、個人的にはスター・ウォーズ色をあんまり感じられない作品だな〜っていうのが見終わっての感想です。スター・ウォーズ・ファンの方、昔からのよしみのある方にはお勧めです。
Weblog(サイト)名 : ごみつ通信  / Tracked : 2018年7月21日
映画『ハン・ソロ』観た〜
Excerpt(概要):盛りだくさんのエピソード!見応え十分。後々のハンソロとの矛盾も無い。ハン・ソロ役の人もなかなかカッコいい。
Weblog(サイト)名 : よくばりアンテナ  / Tracked : 2018年7月20日
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
Excerpt(概要):★★★ まったくワクワクせず。エミリア・クラークさんが出るので、それだけは楽しみだったが、彼女にしても、それほど魅惑的でなく残念。チューバッカと出会ったのが、そんなところで!? と多少おもしろかったくらいか。どうだったら楽しめたのか。私が気に入った「フォースの覚醒」を考えると、新しい主役の新鮮味があり、過去作を踏襲するような楽しさがある。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2018年7月17日
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』('18初鑑賞50・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ 可もなく不可もなし、といった感じですねぇ。まず、全体的に映像が暗すぎ、明るいところでも逆光で、俳優の表情が分かりにくい。お話としては、それほど胸躍るような展開でもないし。音楽の使い方でワクワク。キーラはけっこうお気に入りのキャラです。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2018年7月14日
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
Excerpt(概要):全体的なストーリーの感想としては、意外と地味な作品だったなという事。もっと激しいアクションシーンが繰り広げられるのかと思ったけど、そういったシーンも、それほど見られず。それでもストーリーの構成はまとまっていたと思うし、それなりに面白く観る事が出来ました。今後も、今回のような「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフをやるとかやらないとか。個人的には別にいいけど、「スター・ウォーズ」のブランドに頼るだけの安易な設定だけはしないでほしいです。
Weblog(サイト)名 : FREE TIME  / Tracked : 2018年7月8日
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
Excerpt(概要):★★★★ 何て言っても注目は、相棒チューバッカとの出会いと絆の深まり。シリーズ初めてのハンが、ウーキー語を話す場面では、思わず吹き出しそうになった。列車に積まれているお宝を強奪するために、車両の連結部分を切り離すのもスリル満点だ。まるで西部劇のガンマンのようだ。強盗団を相手に対峙するシーンもあり、この場面だけみたら西部劇そのもの。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年7月5日
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 ナンバー2が最高ってこともある
Excerpt(概要):「コアなファンには楽しめるのかもしれないけれど……」というところもあった。アクションとしてよかったのは西部劇を意識した列車強盗の場面。135分それなりに楽しませるのだけれど、総じて不満が残る作品だった。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2018年7月4日
『ハン・ソロ〜スター・ウォーズ・ストーリー〜』を見てきました
Excerpt(概要):★★★ ハリソン・フォードにくらべてワルっぽさは足りないものの、アウトローな感じ、実は純粋な感じはよく出ていて、若いときのハン・ソロってこんな感じだったんだろうな〜、とある程度は納得させるデキになっていると思います。ファン以外の人にとっては、“ありふれたSF活劇”というふうに映る可能性もありますが、でもアクションがほどよくちりばめられ、よく出来た冒険活劇になっていると思います。ファンには必見、ファン以外にとってはそうでもない(笑)この映画。
Weblog(サイト)名 : 旅と遺跡とセルベッサ  / Tracked : 2018年7月3日
「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」:良き舎弟チューバッカ
Excerpt(概要):全作品劇場で観てはおりますが、この世界観が好きではないし、面白いとも思えないんですよね。それぞれ適役で、まずまずの好演。でもこの作品で一番良かったのは、チューバッカでありましょう。ソロさんのお名前ってそういうことだったのね、ってことがわかったことが収穫でありました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年7月1日
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2D・日本語字幕版)」 感想と採点
Excerpt(概要):★★★ 全体的な仕上がりは「中の上」と言った感じ。物語が弱く、構成も今一つなのが残念。スター・ウォーズ風味の西部劇タッチの冒険活劇エンターテインメントです。“風味” ですから、初見でもそれなりに楽しめます。ただ、物語が弱いので、往年のファンは過度な期待は禁物です。でも、終盤のどんでん返しの仕掛けやミレニアム・ファルコンの宇宙戦の映像は、ワクワクして楽しめます。ご本家の壮大さや荘厳さはありませんが、スピンオフと割り切れそうなら是非劇場で観るのをお勧めします。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2018年7月1日
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
Excerpt(概要):思ってたよりも面白かったです。ただ「スター・ウォーズ」シリーズとしては切り離して、ハン・ソロという男が主人公のSF映画として単体として観るのがいいですね。個人的にはEp.9で終わりにしてほしいです。だったら過去作をたまーにスクリーン上映してくれたほうが嬉しいな。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2018年6月30日
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):一度ぶっ壊れたプロジェクトを立て直し、最終的に見事なクオリティに持ってきた。「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」「フォースの覚醒」と、シリーズ三作を手がけたローレンス・カスダンが息子のジョン・カスダンと組んだシナリオは、明らかな西部劇風味に終盤ノワールも加えて、最後には完全にスター・ウォーズ世界に回帰する。世界観を揺さぶるほど驚かされる要素はなく、シリーズとしてはむしろ保守本流の正統派。「これぞ観たかったスター・ウォーズだ!」という人も多いのではないか。本作の基本コンセプトは、宇宙版の西部劇。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年6月30日
ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー
Excerpt(概要):とても楽しい時間だった。チューバッカと巡り合ったエピソードや、ソロと名付けられた場面、悪友であるランドとの腐れ縁ぶりが面白い。またドロイド型のロボットが女性で、高性能なところもいい。最新の映像技術は、30年前のやつからは比べ物にならないくらいリアルだった。まだまだ、続編が数本できそうな物語の展開だと思った。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2018年6月29日
劇場鑑賞「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」
Excerpt(概要):大満足出来る作品にはなっていたと思います。個人的にはウディ・ハレルソン推しですが、ベケット、カッコ良かった〜!アンドロイドのL3がかなり良いキャラだった。全体を通して、フォースを使った超人バトルではなく、何も持たないアウトローならではの戦いは非常にスリリングでした。135分の上映時間も全く飽きることはなく、最後まで見入ってしまいました。ファンならばオススメ!
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2018年6月29日
ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー
Excerpt(概要):★★★★アウトローの天才パイロット、そんな男の若い頃はどうだっただろうと、想像するだけでも楽しいです。後に相棒となるチューバッカやミレニアム・ファルコン号とどのように関わっていくのか、ハン・ソロという名前についても、明らかになっていきます。いろいろ知るだけでも良かったです。スピード感ある、SFアドベンチャーでした。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2018年8月20日
参照ページ:ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

Google Web 象ロケ内






≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.