ガール・オン・ザ・トレイン : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/hlemkuksg
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:ガール・オン・ザ・トレイン
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(15)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
ガール・オン・ザ・トレイン
Excerpt(概要):★★★ 誰が犯人か? はじめはレイチェルが怪しいんですが、彼女の離婚の理由とか記憶とかちょこちょこ出てきてじわじわ真実が見えてくると、登場人物たちの人となりが見えてきて犯人の身勝手さに腹が立ってきました。エミリー・ブラントが全ての不幸を背負ったような女性を見事に演じてました。アナを演じた女優さんがきれい。ルーク・エヴァンスは嫌な役だったでしたわ。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2017年6月1日
Blu-Ray:ガール・オン・ザ・トレイン The Girl on the Train
Excerpt(概要):初めて観た時には、薄らボンヤリしていた認識。それがあとでもう一度映画を観ることでハッキリすることがある。同じ映画でも、その後の知識獲得の結果、再見で明確に「コトバ化」で定義できることがある(汗)。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜 DAYS OF STRUGGLE〜 / Tracked : 2017年5月24日
16-285「ガール・オン・ザ・トレイン」(アメリカ)
Excerpt(概要):★★★ ミステリーな展開と共に、レイチェル、アナ、メガン、3人の女性の想いや苦悩もそれぞれ描かれており、やがてそれが徐々に真実を明らかにしていく。母になるということに関して、3人がそれぞれ抱える想いというものが、結構重点にもなっている感じであったな。なかなか興味深い展開のミステリー。外から見ると幸せそうな家族も、中は実は、という感じも面白かったな。
Weblog(サイト)名 : CINECHANが観た映画について  / Tracked : 2017年2月24日
【映画】ガール・オン・ザ・トレイン
Excerpt(概要):ときに突拍子もなく感じ、コメディなのかと思う部分もあったけど、撮影時妊娠中だったらしいエミリー・ブラントは素面でアル中女をらしく演じきってます。本作の魅力は単純に殺人事件の犯人を捜すということだけでなく、登場人物を絶妙に絡ませつつ、レイチェル、ミーガン、アナ3人のそれぞれの「女の人生」を浮かび上がらせるところ。はたから見れば幸せに思える人生も本人がそう感じているとは限らない、人の幸せを羨むのはばかげたことだなと、そんなことを思う映画でした。
Weblog(サイト)名 : アリスのさすらい映画館  / Tracked : 2017年1月11日
ガール・オン・ザ・トレイン
Excerpt(概要):★★★★ ミステリアスですごく面白かったです。なんといっても出てくる女性が美人揃い。女刑事も迫力のある人でした。さて、真相はどうなるのか、どんどん惹きつけらていきました。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2017年1月1日
「ガール・オン・ザ・トレイン」
Excerpt(概要):レベッカ・ファーガソンが子供を溺愛する母親役で最初誰だかわからなかった。ヘイリー・ベネットはジェニファー・ローレンスにそっくり。マダムの雰囲気を漂わすリサ・クドローが妙に素敵に映る。エミリー・ブラントはお気に入り女優の一人。アルコール依存症役が様になっている。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2017年1月1日
【cinema】『ガール・オン・ザ・トレイン』
Excerpt(概要):主人公の危うい感じや、郊外の住宅地、事件のカギとなるトンネルなどの画が良くて、好きな雰囲気の作品だった。レイチェルのナレーションで始まる導入部は好き。レイチェルに寄り添えない感じや、彼女の行動が理解できないことが、サスペンスを盛り上げる要素となっている。キャストの演技は良かったと思う。メガンのヘイリー・ベネットがけだるい感じで良かった。ヒッチコック作品とか昔のサスペンス映画や小説を読んでいる感じ。暗いトーンの画像も良かった。正統派サスペンス好きな方おススメ。エミリー・ブラント好きな方もおススメ。
Weblog(サイト)名 : ・*・ etoile ・*・  / Tracked : 2016年12月29日
「ガール・オン・ザ・トレイン」
Excerpt(概要):レイチェルの異常性がクローズアップされるため、真実を見る目が曇ってしまう構成は見事である。もしかしたら、こういうものを見慣れた方には、すぐさま結論が解ってしまうものなのかもしれないが、私は割となるほどねー、と思ったクチだ。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2016年12月27日
『ガール・オン・ザ・トレイン』をトーホーシネマズ・スカラ座で観て、
Excerpt(概要):★★★ 主人公がアル中で自分の記憶を信用できないと言う設定は既存で他の映画でも見た事があるが、主人公への感情移入を妨げるのでキツイ。つまらなくはないが、主人公のキツイ属性から素直に楽しみづらい映画。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2016年12月17日
ガール・オン・ザ・トレイン / The Girl on the Train
Excerpt(概要):ミステリーとしては一流だと思います。良かったです。ただ、タイトルが・・・。今回の邦題は原題風にはなっていますが、定冠詞が有ると無いとでは大違い。邦題だと、誰のことか判らない、「特定の電車に乗った不特定の女性」ということになると思うんですけどね。原題で「特定の電車に乗った特定の女性」と言う事で、まさにレイチェルの事になるんですがね。そこにちょっと違和感を感じました。
Weblog(サイト)名 : 勝手に映画評  / Tracked : 2016年12月6日
ガール・オン・ザ・トレイン
Excerpt(概要):★★★★ 女性の自立の大切さを訴えている作品ともいえましょう。荒涼とした郊外の風景は、サスペンスによく似合うな。エミリー・ブラントは遠目は美人なのだけど、アル中で近づいたらびっくりするほど肌は荒れ、目つきもうつろで年とったようにみえて、さすがに役作りはうまいなあ。レベッカ・ファーガソンとヘイリー・ベネットが似たようなタイプの美人ですが、二人とも生活に疲れており、やはり精神の衰えは容貌にも影響すると思った次第です。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年12月6日
ガール・オン・ザ・トレイン
Excerpt(概要):途中までは不幸な悲しい女性をエミリーが演じていますが、ミーガンの消息がわからなくなったところから、ぐっとサスペンス色が強くなっていきます。そして犯人がだんだん滲み出てくるんですね。
Weblog(サイト)名 : atts1964  / Tracked : 2016年11月28日
ガール・オン・ザ・トレイン
Excerpt(概要):心がざわざわするサスペンスでした。観終った時、不幸の原因に気付いた主人公たちはきっと立ち直れると期待したくなった1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年11月28日
ガール・オン・ザ・トレイン
Excerpt(概要):★★ 女性蔑視に対するレジスタンスという点もあるが、反面男性蔑視もかなりありそうな感じ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年11月24日
映画:ガール・オン・ザ・トレイン The Girl on the Train
Excerpt(概要):流石ベストセラーの映画化だけあって、ホンが面白い。個人的にとても勉強になっている事件を彷彿させるエピソードの連続に唸り続けた。女優として成熟の域に達したエミリー・ブラント が面白いホンを得て、これまでの肉体系 → 演技派へと開花。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜DAYS OF STRUGGLE〜 / Tracked : 2016年11月23日
参照ページ:ガール・オン・ザ・トレイン

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.