信長協奏曲 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/hinpzngpm
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:信長協奏曲
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(16)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『信長協奏曲』映画@見取り八段
Excerpt(概要):合戦のシーンが多く、その点は劇場版らしい見せ場は多い。全体に連ドラ以上にツッコみ所だらけ。歴史に詳しい方は、パラレルワールドだから怒らず見てね。連ドラから見ている者にとってはキャラ萌えで楽しめる部分も多かった。ツネちゃんと三郎の語りシーンは本当に好きだ!これが少ないのが劇場版の一番残念な所。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2017年1月17日
信長協奏曲(のぶながコンツェルト) (2016)
Excerpt(概要):歴史オンチのサブローが祝言を本能寺で、という発想もコミックらしくて面白かったし、山田孝之が、黒い秀吉を好演して斬新。小栗旬も二役を、うまく演じてた気がするし、柴咲コウが気の強い妻・帰蝶として、華を添えてました。
Weblog(サイト)名 : のほほん便り  / Tracked : 2016年11月30日
信長協奏曲
Excerpt(概要):★★★ 信長が戦国無双のゲームのように、やったら強くて、雑魚を片っ端からやっつけるというのはどうなんでしょう。もともと小栗は表情や仕草で十分魅せる俳優だから、わざわざアクションの格好付けをしなくてもいいのでは。物語を感動させようとするあまり、物語内の整合性がとれなくなっているのもマイナス。出演者の息はぴったり。へたに泣かせに走るより、こういう場面を積み重ねていったらいいのになというのが正直な感想です。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年4月7日
信長協奏曲(のぶながコンツェルト)
Excerpt(概要):★★★★ 上手にまとめてあったな〜っていうのが感想でした。信長は実は現代人で、やっぱり現代人だったから変わっているのか〜って思わせているところがまた面白い。
Weblog(サイト)名 : C’est joli ここちいい... / Tracked : 2016年4月5日
信長協奏曲
Excerpt(概要):サブローっていい奴だなあと思いながら観ていました。キャラクターがいいのですね。安心できる優しいラストも観ていて心地良かったです。観終った時、こんなに平和を求める気持ちが熱い作品が大ヒットしているのに、世界が争いへと向かっているのは何故だろうなあと考えてしまった1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年3月6日
〔劇場鑑賞〕信長協奏曲
Excerpt(概要): 迫力満点の合戦シーンに加え、武将たちの絆や思惑が交錯する熱いドラマも必見。やっぱり歴史上の人物を勝手にいなかったことにするというのはやめてほしいですよね。せめて視聴者が容易に想像できるラストは辞めてほしかったな。池田恒興をツネちゃん、明智光秀をミッチ―とか今風にニックネームをつけて呼んだりするのは面白かったと思います。
Weblog(サイト)名 : ジャスターの部屋  / Tracked : 2016年2月13日
映画「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」 感想と採点
Excerpt(概要):★★★ 前半は、ドラマ版の続編って感じの軽快なノリ。小栗旬さんの一人二役は見事。その他のレギュラーの登場人物たちを演じた俳優さんたちも素晴らしい。劇場版用の新曲の劇伴もなかなか良い。本能寺のロケセットも見応えがある。ただ、大きな期待をしない方が良い。あくまで、映像はテレビ版の続編、脚本はテレビ版より穴があるから。勉強嫌いで、歴史に全く興味がなく、困難に直面すると腹痛を訴え逃げ出していた普通の高校生サブローの成長物語のエンディングストーリーとして、過度な期待をせずに楽しむのが良いと思います。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2016年2月5日
『信長協奏曲』をトーホーシネマズ渋谷3(4F左)で観て、
Excerpt(概要):★★★ アクション映画とか人生の指針にと思って見ると長目で退屈。ドラマ見てなくてもちゃんと分かる。小栗旬おもろい。山田孝之が秀吉。小栗旬Wキャストの光秀と一緒でバリバリにイメージ違う武将像をぶっつけて来るのは面白い。向井理と古田新太と高嶋政宏はいいキャラ。全体の中で柴咲コウがリードするラブパートと信長と武将群が丁々発止する部活乗りコメディパートのゴリゴリ感が面白かった。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2016年2月3日
信長協奏曲
Excerpt(概要):★★★ 本作もなかなか面白く仕上がってもいます。とはいえ、本作だけを見たのでは、原作漫画の持つ無類の面白さがやっぱり半減してしまっているのではと感じました。サブロー、信長、そして明智光秀を演じる小栗旬の熱演もあって、本作はなかなか面白い出来栄えとなっています。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2016年2月2日
『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』('16初鑑賞09・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ わりと良く出来ていたと思われまする。TVドラマっぽい絵柄や軽めの音楽はあんまり好きじゃないけど。同時代のものを描いたマンガ・アニメで『へうげもの』がありまして、それが好きな自分にとっては、十分受け入れられる内容でありました。前半の本願寺の僧兵との戦いは映画らしいダイナミックな映像と、アクション(あえて殺陣とはいわない)見ごたえあり、本能寺の炎も映画らしくていいですよね。観終わったあとの清涼感が気持ちよく、観てよかったと思える作品でした。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2016年1月29日
映画鑑賞「信長協奏曲」
Excerpt(概要):脚本が素晴らしい! つじつまを合わせるのが難しいと思う。信長(小栗旬)の未来への想い、平和への願い、妻への愛・・・演技が素晴らしい!楽しいが、切ない映画だった。
Weblog(サイト)名 : 趣味こそ生きがい  / Tracked : 2016年1月29日
映画『信長協奏曲』観た(^∇^)
Excerpt(概要):高校生のサブローは戦いをいくつも経験して、戦の無い平和な世を作るってメッセージを後世に残すっていう大切な仕事を運命とは別にちゃんと出来たってことが良かった。秀吉がもうめちゃめちゃ怖かったわ。山田孝之の目ヂカラ半端ないですわ。エンターテイメントとしてよく出来てるし、タイムスリップものとしてのオチのつけ方も気に入りましたし。あ、仁のラストみたいないい印象です。
Weblog(サイト)名 : よくばりアンテナ  / Tracked : 2016年1月29日
信長協奏曲(のぶながコンチェルト)
Excerpt(概要):★★★ 大前提としてはタイムスリップした高校生が主人公で歴史の改変はない。でもその前提の縛りがあっても最大限の解釈を屈指して面白い物語になった。なるほどそう来るかと脚本の苦労のほどが伺える。歴史上の新解釈というよりも、史実と少し違う面もあったが許容範囲だろう。戦のない世の中は必ず来るという高校生の強い思いが素晴らしい。「軍師官兵衛」や「真田丸」などの大河ドラマを見ている歴史ファンには、ちょっと物足りない内容かもしれない。でも、丸く収まってよかったと思う。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2016年1月27日
信長協奏曲(のぶながコンツェルト)
Excerpt(概要):ドラマは、一度も観たことが無い私でも楽しめました。まぁ、歴史上では 明智光秀が謀反を起こして京都の本能寺に宿泊していた主君織田信長を襲撃した事件でありますが、実際に、観たわけではないので 映画のストーリーでもあり得るかもです。伝える側の立場により、言い伝えは大きくもなるし小さくもなるかもです。でも、今時 中学生でも知っている 本能寺の変を知らない 高校生の方が・・・って感じました。
Weblog(サイト)名 : Break Time  / Tracked : 2016年1月26日
信長協奏曲(のぶながコンツェルト)
Excerpt(概要):★★★ 劇場版向けに説明責任果たしてない感じがする。ここまでの反則タイムスリップは前代未聞。いや、タイムスリップだから前代未聞自体という概念自体成立しないのかもしれない。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年1月23日
劇場鑑賞「信長協奏曲」
Excerpt(概要):かなり面白かった、大満足かもしれない。一応、ドラマを見ていなくても大丈夫なようには作ってある。キャスト陣では秀吉を演じる山田孝之が印象的。というか、今回は秀吉の復讐劇を中心に描かれていたしね。もちろんドラマから全員が続投しているので、あの雰囲気を楽しむことが出来るのも良かった♪全体を通して、後半はかなり押し込んできた感じ…。折角、秀吉の復讐をメインに持ってきているのに、ちょっと中途半端に終わってしまったのが残念。戦の無い世の中を作ったのなら、信長の想いを受け取ったようなシーンが欲しかったような気がする。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2016年1月23日
参照ページ:信長協奏曲

Google Web 象ロケ内






≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.