最高の人生の見つけ方 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/guxqkilull
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:最高の人生の見つけ方
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(19)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
最高の人生の見つけ方(2007)
Excerpt(概要):プライベートジェットは言い訳の範囲内だが、スカイダイビングとかはいくら何でも末期癌患者にはかなり無理そう。肉体的によりもむしろ精神的にきつい感じがする。そんな現実を華麗にスルーというのがアメリカ映画ぽい。友情自体は取って付けたようで2人の名優をもってしてもそんなに感じられない。大体、秘書(ショーン・ヘイズ)が一流の登山家らしいというのがどうも。インスタントコーヒー缶にこだわるのはさらにどうも。背景の山々の神々しさといかにもアンバランスで、それはそれで居直り的ではあるのだけれど。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2010年11月15日
最高の人生の見つけ方 (2007)
Excerpt(概要):★★★★ カーターの最終的にしたいことは家族の元に戻りみんなでワイワイ食事をする。カーターは自分は一人ではない事を実感し喜び、豪邸で一人暮らしのエドワードは会議室で涙する。なかなかシンプルでいいシーンでした。二人とも間近に訪れる死を見つめながら今を生きている演技はさすがです。上映時間が97分と短いですが、その分テンポがよく、最初から最後までだれることなく見ることができました。全体的にジンワリ心に染みる良い作品でした。
Weblog(サイト)名 : 肩ログ  / Tracked : 2009年9月23日
最高の人生の見つけ方
Excerpt(概要):[ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア]と同じ?題材ですね。少し違うのはこの作品は老人が主役であることぐらいかな。[ノッキン〜]はそこはかとない悲しみとやり場のない苦しみ、みたいなのを感じた作品でしたが、この[最高の〜]はそうでもないです。こういう映画を観ていつも思うのが。「何年生きたか?」ではなく「どう生きたか?」が重要なんだよね。やりたいようにやって生きたいように生きる中で最期に残せることは?
Weblog(サイト)名 : SUPER BLOG.JP  / Tracked : 2009年6月12日
最高の人生の見つけ方
Excerpt(概要):★★★ 画像の二人なんて見ただけで最高っすよ♪しかも死期が近づいてるという設定。この二人なら充分に演じられるのは分かってる。個性豊かなこの二人の珍道中。とっても良いけれど、欲を言いますればこの二人以外の登場人物には目を引くような人がおらず、まるっきり名優二人の存在感だけだということ。秘書をもう少しクセのある役柄にしたらニコルソンとの掛け合いももっと面白かったかなぁ。
Weblog(サイト)名 : UkiUkiれいんぼーデイ  / Tracked : 2009年2月28日
最高の人生の見つけ方
Excerpt(概要):★★★★ 大物俳優、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。余命6ヶ月で最高の人生にしてしまおうという話。ちょっと現実味はないかもしれないけど、似たような事は出来ると思う。自分の人生もあぁ〜なって欲しいと思わせる作品。是非見て欲しい作品です。
Weblog(サイト)名 : 前向きに進みたい!!うつな自分  / Tracked : 2009年2月9日
『最高の人生の見つけ方』 (2008)
Excerpt(概要):★★★★★ この作品はとても短く感じました。「世界一の美女とキスをする」。この目標達成シーンにはジーンときちゃいました。やっぱり、なんだけど、そうだよねと納得です。ここの描写も殆どセリフがなくて、映像だけで見せてくれます。演出がうまいです。簡潔に描写していきます。そして、ラストもさりげなくて、胸が熱くなります。とてもいい作品。こころがあったまります。ステキな映画です。
Weblog(サイト)名 : よーじっくのここちいい場所  / Tracked : 2008年11月20日
最高の人生の見つけ方
Excerpt(概要):監督はロブ・ライナー。本当にうまく作る人だと思う。全編に漂う可笑しみと後味の爽やかさ。この陽気な二人が辿る人生最後の数ヶ月。マスタングを思うさま運転したり、アフリカやエジプト、チョモランマにまで行く。そして帰った我が家で、それぞれの思いを抱える。なぜコピ・ルアク(珈琲)を飲もうとしないのかに関して、二人が泣くほど笑いあうシーンは本当楽しくて可笑しくて悲しい。
Weblog(サイト)名 : 猫の毛玉 映画館  / Tracked : 2008年10月21日
『最高の人生の見つけ方』
Excerpt(概要):★★★★ たった半年間の短い間に世界中を飛び回る。この二人のじいさんたちはなんだか演技なのか地なのか判断つかないほどキマっていた。エドワード役のジャックなんて、地そのものじゃないかと思うほど(笑)リストのしょっぱなからスカイダイビングとは無謀そのものだけれど、そこから始まる冒険がおかしくも友情や、家族とのふれあいが描かれていく。最後に、トマスの横顔が素晴らしく輝いていたように見えた。
Weblog(サイト)名 : 京の昼寝〜♪  / Tracked : 2008年10月20日
『最高の人生の見つけ方』を観たぞ〜!
Excerpt(概要):泣けて笑えて、どこまでも優しい、心揺さぶられる温かい映画でした。はじけた冒険の旅の末、辿り着く天国の門の前で質問されたら答えに困る本当にやり残した事。いや〜、もう心にジーンと沁みます。2人の人生の最期が必ず待っている映画なのに、すがすがしく前向きな気分にさせてくれるストーリーと、監督、2人の俳優は本当にすばらしいです。そして、何気にいい味出していたエドワードの秘書トマスを演じたショーン・ヘイズとジャック・ニコルソンの毒と愛のある会話が面白くてツボでした。
Weblog(サイト)名 : おきらく楽天 映画生活  / Tracked : 2008年7月13日
最高の人生の見つけ方 〓映画本日1本目 +渋谷更科
Excerpt(概要):心温まるヒューマンドラマで人生の喜び生きる意味を考えさせられることにおいては昨日見た"ぼくの大切なともだち"と同じでしょう。それぞれフランス映画とハリウッド映画のよさが出ています。心理的なよさとビジュアル的なよさの両方を二日で味わえました。ジャック・ニコルソンは狂気な深い味わいがこんなヒューマンドラマでもだせるんですね。モーガン・フリーマンは鉄板ですね。
Weblog(サイト)名 : さぷら伊豆…渋谷の平日・伊豆の休日  / Tracked : 2008年6月23日
最高の人生の見つけ方
Excerpt(概要):★★★★★ 最後に会いたい人、食べたい料理、行きたいところ…悔いのない人生を送りたいと考えさせられる作品。 モーガン・フリーマンおじさまの顔は深い人生の年輪が刻まれていて素晴らしい。 大好き!
Weblog(サイト)名 : 映画初日鑑賞妻  / Tracked : 2008年6月22日
最高の人生の見つけ方
Excerpt(概要):★★★★★鑑賞後、本気で「棺おけリスト」を作りたくなりました。 いざ死ぬ前に何をしたいか考えると、なかなか考えがまとまりません。 それにこの映画と違って、同時に死を迎える相棒はいないだろうし、死ぬ前にひとりでできること、そして予算も限られていることなどを考..
Weblog(サイト)名 : 玄米遊女夢映画  / Tracked : 2008年6月7日
最高の人生の見つけ方 2008-26
Excerpt(概要):旅を終えた時の二人の境遇、あの描き方は良かったなぁ…旅を通じて、最高の人生がどこにあるか知った二人、ちょっと考えさせられてしまった。あとコピー・ルアクのネタ、アレは笑えた!「世界一の美女とキスする」アレもよかったなぁ…観に行った劇場、7〜8割の入りでした。観客層を見ると、いつもの映画より年齢層が高め?60代のご夫婦らしいカップルの姿をけっこう見かけました。まだ、映画の二人のような現実と対面してる年代とは違うのかもしれないけど、この映画を観たあとイイ人生であればいいなぁ〜♪
Weblog(サイト)名 : 観たよ〜ん〜  / Tracked : 2008年5月24日
「最高の人生の見つけ方 」
Excerpt(概要):★★★人は生まれた瞬間から死ぬまでの人生を生きている。年を重ねていくことはその残りが少なくなっていることを意味する、生きるということより、死んでいくということの方を多く連想させる。この映画を見たからってよりよい死を迎える心構えが出来るわけでもない、それでも「あーすれば良かった」「こんなことをしたかったな」とただ嘆くのでなく、それなら出来る範囲で少しくらいのムリならして見たいなとちょっと考えてみる。
Weblog(サイト)名 : soramove  / Tracked : 2008年5月23日
【2008-116】最高の人生の見つけ方
Excerpt(概要):雑学王な自動車修理工・カーター(モーガン・フリーマン)と憎まれっ子世にはばかるな大富豪・エドワード(ジャック・ニコルソン)の二人の珍道中・・・サファリ旅行(ライオン狩り)で流れる「The Lion Sleeps Tonight」は前半での名シーン。人が死ぬというのは悲しいことだが、最後は悲しさではなく爽やかな余韻を残してくれる作品だ。
Weblog(サイト)名 : ダディャーナザン!ナズェミデルン... / Tracked : 2008年5月18日
最高の人生の見つけ方 を観ました。
Excerpt(概要):モーガン・フリーマン、ジャック・ニコルソンの大物2人が(ある意味)競演=いい味出してました。そこまでやらないと再認識できないのか?といってしまいたくなりますが、少年の頃のように歌い、笑い、怒りという事をすることで、初めて本当に生きたかった人生とは?ということに気づくんですね…。
Weblog(サイト)名 : My Favorite Things  / Tracked : 2008年5月18日
「最高の人生の見つけ方」
Excerpt(概要):この映画はなかなか有意義で、いろいろ考えることができました。無理に映画館で、という映画ではないですが、死ぬまでに絶対1回は観て欲しいですね。
Weblog(サイト)名 : クマの巣  / Tracked : 2008年5月14日
『最高の人生の見つけ方』
Excerpt(概要):ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの共演というのはかなり異色で、今までありそうでなかったというか、白人と黒人という以前に、演じてきたキャラクター自体が対極を成すものばかりという気はしますからね。それにしても、観終わってみると、この二人以外には考えられないというか、それぞれが完璧なハマり方をしているというか、お見事でしたね。
Weblog(サイト)名 : trashnote  / Tracked : 2008年5月10日
最高の人生の見つけ方
Excerpt(概要):ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンによる期待を裏切る事の無い名演技が素晴しいです。脚本による台詞の数々もとても素晴しいものがありますが、それに加える彼らのアドリブと掛け合いが見事です。最近CG だらけで中身のない映画が多かったので、久しぶりに素敵な洋画に出会いました。
Weblog(サイト)名 : アートの片隅で  / Tracked : 2008年5月9日
参照ページ:最高の人生の見つけ方

Google Web 象ロケ内






≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.