判決、ふたつの希望 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/fmipyyqqu
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:判決、ふたつの希望
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(10)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「判決、ふたつの希望」:日本の将来かも?の寓話
Excerpt(概要):珍しやレバノン映画。でもハリウッド並みの映画作法で、最初から最後まで引き込んで、楽しませてくれます。寓話的な物語の中に社会性、問題提起の強さと娯楽性とが、しっかり両立している。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年10月11日
「判決、ふたつの希望」
Excerpt(概要):★★★ これこれ、こういうことがあった。だから許しがたい。それが心の奥に沈殿しているから、新たに何かがあると、強く反応してしまう。これは、もう、「許す」しかなかろう。と言うだけなら簡単で、そこがそれ、人の気持ちだから難しい。私にとっては、胸に迫らず、ちょっと惜しい。ドラマには、のめり込むタイプなのだが、今回はそこまでではなかった。たぶん、謝罪しろと求めた男が意固地すぎると私が感じてしまう時間が長かったからか。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2018年9月29日
判決、ふたつの希望・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ 観客はスクリーンを通して裁判を傍聴しているうちに、双方の背負っているもの、何が彼らにとっての“侮辱"なのかを知り、自分だったらこの危険で難しい裁判をどうジャッジするかを考える。
感情に突き動かされ、理念に凝り固まった男たちに対し、女たちが総じて柔軟なのが印象深い。レバノン市民、パレスチナ難民、男と女、色々な立場で考えたくなる知的な秀作だ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年9月12日
『判決、ふたつの希望』 外面は地味だが中身はエンタメ?
Excerpt(概要):役者たちの演技は抑制されているけれど、裁判の矢継ぎ早の展開とか劇伴の盛り上げ方なんかはハリウッド的なエンターテインメントのようにすら思える。最後のトニーとヤーセルの表情にも希望を感じさせるものがあり、カタルシスすら感じさせる作品となっていたと思う。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2018年9月2日
判決、ふたつの希望
Excerpt(概要):些細な衝突、ただ互いに謝罪のひとことがあれば国中を巻き込む大騒ぎになることもなかったのに…の法廷劇のオモシロさも然ることながらその根底にあるレバノンを取り巻く民族&宗教&難民問題、そして不幸な歴史と歩み寄りを語っていて想像をはるかに超えて考えさせられ、見応えのあるとても素晴らしい作品。この先も解決されることは難しいであろう中東地域の諸問題かもしれないけれどもタイトル通り【希望】を感じさせられて感動的。
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2018年9月2日
「判決、ふたつの希望」
Excerpt(概要):法廷でのみどころは確かに多々あり、判決がどのようにくだるかは興味をそそられる部分ではある。だが、裁判やそれに伴う判決は、この作品の最もクローズアップされるべき点ではない。問題は誰が何を「侮辱」と感じるか、そしてその「償い」はどのような形を取るべきなのか、ということなのだと思う。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2018年8月31日
「判決、ふたつの希望」☆今年のベスト入り決定!
Excerpt(概要):傑作!!これはもう観終わった途端、私の中で『今年の映画ベスト5』入り決定となったのだった。いやあ、台風の中びしょ濡れでも観に行って良かった〜〜♪ここに世界平和の答えがある。もう映画の3分の2くらいから涙が止まらなくなって、静かにずっと泣いていた私。判決が出たときの二人のわずかな表情にご注目!!そしてラストシーンは私たちに希望を見せてくれるに違いない。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2018年8月26日
判決、ふたつの希望
Excerpt(概要):平和ぼけした日本では理解が難しい。映画みたあと色々調べてそうだったのかとあとでようやく少しわかった。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと / Tracked : 2018年8月25日
『判決、ふたつの希望』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★ この物語では、被害者と加害者の立ち位置が何度も入れ替わるところが味噌になる。世代や年齢、時には性別でも見方が変わる。これからこのような映画がどんどん世界へ出て行き、当事者と次世代へ、未来への思いを伝えていくことになるのだろう。
Weblog(サイト)名 : 作曲♪心をこめて作曲します♪  / Tracked : 2018年8月5日
『判決、ふたつの希望』 :痛みをもたらした過去も受容するしかない @試写会
Excerpt(概要):★★★★★ レバノンというお国柄を知らないとはじめで躓きかねない。原題「THE INSULT」というのは、侮辱の意味だそうです。
Weblog(サイト)名 : キネマのマ〜りゃんひさ映画レビュ... / Tracked : 2018年7月20日
参照ページ:判決、ふたつの希望

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.