ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/flwjyfanc
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(6)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画『ロイヤル・アフェア・愛と欲望の王宮』☆ マッツの哀しさと一途さによろめく^^;
Excerpt(概要):野心の上昇志向のままで行かないんだろうな〜という不安定な雰囲気が陰となって、作品の厚みになりながら、そのとおり、哀しい感じになっていきます。作品の終わり方は、希望を残してくれるのが、美しい。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴのモノローグ  / Tracked : 2015年9月22日
ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
Excerpt(概要):デンマークの歴史に関する知識はほぼゼロですから、新鮮で面白かったのですが、フランス革命よりほんの少し前のデンマークでは、ストルーエンセによって拷問の廃止や、窃盗犯の死刑廃止、捨て子のための病院設置や天然痘の予防接種など、たくさんの改革がなされていたということはなかなかに興味深い事実でした。メロドラマな副題がついているが、実際はきちんとした歴史ものでした。見どころは、王とのプラトニック・ラブなマッツ。酷い拷問を受けて怯えるマッツ。恩赦があると思っていたが処刑場に向かう途中役人が十字架をもっていることで自分の死を知ってしまうマッツ。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2015年9月16日
「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」
Excerpt(概要):マッツ・ミケルセンは時代物も似合うが、私的にマッツ映画は現代物が好き。「偽りなき者」のルーカスは素晴らしかった。デンマーク王フレデリク5世(クリスチャン7世の父親)の妻ユリアーネ・マリーエはクリスチャン7世の実母ではないので、ちょっと意地悪なおばさんのノリで君臨している姿が以外にユーモラスに描かれていて面白い。ロケされた景色が素晴らしく美しくかった。で、やはりこれだからヨーロッパ映画はやめられない。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2013年6月19日
ロイヤル・アフェア
Excerpt(概要):★★★ 一見したところ、都会者(あるいは先進国人:イギリス人の王妃カロリーネと、ドイツ人の侍医ストルーエンセ)が、田舎者(あるいは後進国人:デンマーク国王たち)を自分たちの好きなように扱ったお話のようでもありますが、やはり“恋は盲目”を地で行くお話と受け取るべきなのでしょう。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2013年5月18日
ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
Excerpt(概要):★★★★ 本作を見ると、一番光っていたのはウツケ国王役のミケル・ボー・フォルスガードだろう。表情の変化が繊細で、単なるウツケではなく、自分が周りからどのように見られているか、そんな自分がどのような振舞いをすれば周りに受け入れられるかを分かっていながら心理的抵抗感からうまく振る舞えず、強がっても結局道化の役回りを演じなければならないことへの悲哀が滲み出ている。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2013年5月9日
ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
Excerpt(概要):15歳でイギリスから嫁いできた王妃の哀しい運命と大きな時代の流れに切なさを感じるような物語でした。“愛と欲望の王宮”と言っても、愛憎ドロドロというよりは人を陥れる陰謀の物語でした。物語は恋愛よりも政治的な話になっていきます。歴史を知らない私にはとても勉強になった作品でした。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2013年5月9日
参照ページ:ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.