去年の冬、きみと別れ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/fbwufdzxdb
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:去年の冬、きみと別れ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(4)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画『去年の冬、きみと別れ』☆岩田さんが魅せる破滅的な執念の愛!(^^)/
Excerpt(概要):今回、クセのある写真家での斎藤さんは、思っていた以上に、濃くてエグくて、存在感を実感しました。この愛憎の物語には、写真家が子供の頃の“事件“も絡んでいたのが興味深い。過去のことは、それで終わらない。そこから、泥沼が始まったというのも、人間ドラマ臭くてよい。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2018年4月22日
「去年の冬、きみと別れ」
Excerpt(概要):面白くなかったという訳ではない。ただ、私にはエグかった。本作のタイトルはなかなか良い。畜生と相対する時には自分も畜生かそれ以下の存在にならざるを得なかった、主人公の哀しみが伝わってきた。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2018年4月9日
『去年の冬、きみと別れ』を丸の内ピカデリー1で観て、
Excerpt(概要):★★★ エンドロールの曲がギャグみたいにカッコ悪い。大人チーム(斉藤工、浅見れいな、北村一輝)の演技力が盤石で実に良かった。すんごく安心して任せられる演技。若年ペア(岩田剛典、山本美月)も意外な頑張りで、映画の初めと終わりでかなり印象が異なる役を好演している。でも、若い人の変化は無理に変えてる感じで自然に「まるで違う人」みたいに見える境地になってはいなかったかな、と。そこがちょっと残念。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2018年4月7日
去年の冬、きみと別れ
Excerpt(概要): 心なしか眼鏡をかけた岩田剛典がだんだん斎藤工に見えてくる。ひょっとしてこの2人同一人物?ドッペルゲンガーのような気がしてくる。人間関係が錯綜すればおもしろいと考えているとしたらトンデモな勘違いだ。見ている方はこの時点でアホらしくなってしまう。勝手に殺人ゲームしてろ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年3月14日
参照ページ:去年の冬、きみと別れ

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.