散歩する侵略者 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/eysldqkdfv
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:散歩する侵略者
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画【 散歩する侵略者 】嫌になっちゃうな〜
Excerpt(概要):侵略者たちは、地球人のことを知るために「概念」を人間から奪う。そして、人間は奪われることで、その「概念」が失われてしまう。この設定がとてもユニークで、興味深い。ジャーナリスト桜井演じる長谷川博己と、若き二人の侵略者のパートと、長澤まさみと松田龍平が演じる夫婦のパート。2つのエピソードのバランスがちょうどいい。個人的に好きなのは、夫婦2人で逃避行する車中のシーン。世紀末とは思えない牧歌的な雰囲気が、可笑しいけれど、とても微笑ましく、心地よい。観てよかった思える作品だった。
Weblog(サイト)名 : アロハ坊主の日がな一日  / Tracked : 2017年10月21日
『散歩する侵略者』をユナイテッドシネマ豊洲6で観て、
Excerpt(概要): 話がつまらなかった。概念を盗む事と侵略その物が関係ないという構図には驚いた。何か侵略の効率が悪い。役者で面白かったのは高杉真宙と垣松祐里。あと前田敦子。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2017年10月18日
散歩する侵略者
Excerpt(概要):★★★ 「概念」の使い方に少々違和感を覚えましたが、まずまず面白い着想に基づいた作品と言えるでしょう。本作は、二つの物語から構成されていることが見えてきます。一つは、真治と鳴海の夫婦の物語であり、もう一つは、ジャーナリストの桜井(長谷川博己)を「ガイド」役として使う天野とあきらの物語です。二つの物語は、それぞれなかなか面白い展開をした後、なんと「愛」という概念が絡んできて終盤を迎えます。ただ、「愛」という概念によって様々なことに解決がついてしまう、という本作の描き方には、なんだか違和感を覚えてしまいます。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年10月4日
「散歩する侵略者」:愛は勝つ
Excerpt(概要):終盤って結構好きですよ。松田龍平も長澤まさみも長谷川博己も、割と「いつも通りの演技」です。黒沢がやりたかったんだろうなあって感じたのは、終盤における低空飛行の爆撃機vs.長谷川博己の対決。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年10月1日
散歩する侵略者
Excerpt(概要):★★★ 長澤まさみに萌えた。いろいろ設定が面白かった。気になる所は多々あったりしたけれど、それでも面白くて見応えある一本だった。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2017年9月16日
[映画『散歩する侵略者』を観た]
Excerpt(概要):手触りが映画っぽくないなぁ、と思っていたら、もともとは舞台劇だったそうだ。かなり良かった。舞台の脚本と言うのは、言葉重視で、なんか手作りの丁寧な作りにある。その丁寧さは、テーマに向かってであり、時に世界観の細部に粗があり、映像化するとそこからおかしくなる時がある。が、この作品では、その曖昧さがファンタジーになっていたかな。
Weblog(サイト)名 : 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 b... / Tracked : 2017年9月13日
『散歩する侵略者』('17初鑑賞102・劇場)
Excerpt(概要):★★★ 夫、真ちゃんを演じる松田龍平の不思議な雰囲気、お見事です。妻:鳴海を演じる長澤まさみも良い感じ。お話としては面白いですが、映像としてはもっとがんばってほしかったなーと思います。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年9月11日
散歩する侵略者〜コピペ不能な愛
Excerpt(概要):★★★★★ 古典的SFホラー「盗まれた街」の黒沢清バージョンか。思えば「インベージョン」もその派生作品だった。横田基地が出て来るが、「幼な子われらに生まれ」とほぼ同じロケーションなのも不思議な気がした。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年9月9日
「散歩する侵略者」もしあなたの夫が侵略者だったら…?
Excerpt(概要):結構前後脈略無くいきなりぶっこまれてますので、見ていて度肝を抜かれます。またまた“黒沢ワールド”の幅が広まったような気がしました。主演の長澤まさみさんが非常によかった!若手の恒松祐里さんは、今回非常に弾けた難しい演技をさせられていますが、これを難なくこなしている所に末恐ろしいものを感じました。松田龍平さんの掴みどころの無さと、長谷川博己さんのキレた弾けっぷりは、どちらも非常に役にマッチしてました。
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2017年9月7日
参照ページ:散歩する侵略者

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.