パンク侍、斬られて候 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/excspiirni
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:パンク侍、斬られて候
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(6)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「パンク侍、斬られて候」:アナーキーさも今日的にマイルド
Excerpt(概要):役者の狂いっぷりや、カメラの暴走などに、時を超えた「らしさ」を感じさせながらも、きっちりした「商品」に仕上がっておりました。だけど、突き抜けきれなかったうらみは残りますね。腹ふり党の群舞場面などは悪くなかっただけに、そこをもっとインド映画のように弾けさせて欲しかったところです。東出昌大(この人、やはりこういうキャラクターだと生きますね)には、けっこう笑わせてもらいました。幻想的に赤く染まった空に綾野のシルエットが浮かび上がるカットは、あたかも中野裕之の『SF サムライ・フィクション』のようでした。こういうケレン味のある絵をもっと見たかったなあ。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年7月16日
「パンク侍、斬られて候」
Excerpt(概要):★★★★ 冒頭の東映マークからして、「孤狼の血」と同じく、画質の荒いシネスコ、実写版だった。これも嬉しい。前半のお話は意外と分かり易い。CGの猿軍団が凄い迫力。映画はまさに、初期の石井映画と同様、静かに醸成されて行った狂気が、後半で一気に爆発、お祭り騒ぎとなって壮絶なクライマックスを迎える。本作には今の時代への、痛烈な皮肉が込められている気がする。あまり深く考えず、実力派俳優の演技合戦と石井監督の演出パワーを堪能し、バカバカしいけれど狂騒的なお祭り騒ぎにノッて楽しむのが正解だろう。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2018年7月16日
パンク侍、斬られて候
Excerpt(概要):★★★ 予想外の展開と、江戸時代でありながら現代風の口調で紡がれる滑稽な会話劇に続き、後半では猿と人間による壮絶な大合戦が壮絶であります。映画の仕上がりは前代未聞の作品に出来上がっていた。宮藤官九郎の脚本も原作にノリノリであり、とんでもなく自由奔放であった。笑いどころ満載と言うほどでもなく、内容的には白けていましたね。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年7月9日
『パンク侍、斬られて候』 嘘っぽい世の中をやり過ごすには
Excerpt(概要):原作の語り口を活かし、ある登場人(?)物によるナレーションで心内語を描写し、混沌としたエネルギーをぶちまけるテンションの高い作品となっている。本作にとってはこの熱量こそがパンクということになるだろうか。時代は江戸なのに横文字ばかりが登場するというデタラメさに、カラフルな衣装、サル軍団の大立ち回り、超能力による人間花火、そして大人数での腹踊りの賑やかさなど見どころは多い(腹黒い内藤を演じる豊川悦司と綾野剛の掛け合いもおもしろい)。遊び心もあって楽しめる作品となっていたと思う。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2018年7月8日
パンク侍、斬られて候
Excerpt(概要):★★★ 「猿の惑星」の前日譚(笑)ぽい。意外と活躍してないのが主演の掛十之進(綾野剛)。超人的剣客の割に殺陣のシーンが少ないし、切り殺すのは武士じゃなかった。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年7月1日
劇場鑑賞「パンク侍、斬られて候」
Excerpt(概要):これは自分が一番観てはいけない作品だったかもしれない。考えるのではなく、感じる系の作品というか、途中までは宮藤さんらしい脚本で良かったんだけど、終盤は意味不明過ぎて、もうポカーン状態。綾野さんの殺陣はカッコ良かった。一番印象に残ったは茶山を演じた浅野さん、いろんな意味で凄かったよ…。全体を通して、物語の意味を考えれば考えるほど意味がわからなくなるという不思議な作品になっていました。それが面白いかどうかの判断は観た人に任せます。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2018年6月30日
参照ページ:パンク侍、斬られて候

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.