デトロイト : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/enxivwhqk
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:デトロイト
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(12)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
【映画】デトロイト
Excerpt(概要):主役は警備員として暴動時警察に協力するSWのフィンことジョン・ボイエガかな。自身も黒人でありながら、立場上何も言えず、憤りと無念さに苛まれるといった役どころを繊細に演じてます。フィンには悪徳警官を叩きのめしてくれるんじゃないかと期待してしまったけど、実話を曲げられるはずもなく、主役というにはややおとなしすぎる役でした。代わりに異彩を放ったのが、警察役のウィル・ポールター。もう憎たらしいこと憎たらしいこと!実話につき事件の顛末は簡単に知ることができると思うのだけど、情報を入れずに不条理に打ちのめされるのがよろしいかと。
Weblog(サイト)名 : アリスのさすらい映画館  / Tracked : 2018年3月29日
デトロイト
Excerpt(概要):★★★★ 最初のうちは腐敗的に暴動を捉えていくのかと思っていると、途中からは場所も時間も限定され、殆ど耐え難くなるほどの緊張感が画面を満たすのだ。祈りの歌声が、過去のことだから、外国のことだからと、心に響かなくなるのが理想なのかもしれません。ですが、まだまだ、私たちの心に響き揺さぶるのであります。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年2月13日
「デトロイト」
Excerpt(概要):実話を基にした作品である。監督は「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー。真実という名の残酷なシーンが骨太に描き出される。市警側の中心人物である差別意識に満ち溢れた白人警官をウィル・ポールターが好演。こんな顔の人こんなことやりそう、な外見が、その立ち居振る舞いを絶妙に彩っている。結末も胸に苦い痛みが残るものである。実話ものによくあるエンドロールの後日譚もハッピーなものではない。だがだからこそ、この問題が実は過去の出来事の一端なのではなく、形を変えているかもしれないが現在進行形で存在し続けていると思わせるのであった。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2018年2月7日
デトロイト
Excerpt(概要):★★★★★ 当時の映像も時々入るので、より真実味がある。白人警官を演じた役者が演技を拒否するくらいの演出で、鬼気迫るものがある。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2018年2月4日
劇場鑑賞「デトロイト」
Excerpt(概要):“凄い”骨太な作品を作りましたね、キャスリン・ビグロー監督は!キャスト陣では、やはりクラウスを演じたウィル・ポールターの演技が印象に残る。全体を通して、娯楽作品ではないけれど、ズシン!と来る作品になっていました。尋問シーンはホント堪えるので、体調の良い時に鑑賞した方が良いかもしれない。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2018年2月4日
「デトロイト」:観るのが辛い重い球
Excerpt(概要):しんどい、142分の重い球です。全体の印象としては、かっちりとした強度のあるドラマ。ただ、あえて雑に動くドキュンメンタリー風のキャメラが臨場感を煽ります。結末は非常に胸クソの悪いものです。でもこれ実話ですから。そこから半世紀、トランプの台頭に代表されるようなレイシズムの巻き返しが世界中で起こっている今、本作が登場した意義は大いにあると思います。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年2月4日
デトロイト・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ 本作では、徹底的に作り込まれた“現場”で、観客も権力から銃を突きつけられた容疑者の1人となり、142分の恐怖の一夜を過ごすことになるのだ。歴史を鏡とし、今なお人種間の対立が続く“アメリカの今”が見えてくる秀作である。無名の俳優たちを配するキャスティングの妙も効いている。物語の最後で、“白人のためのブラックミュージック”を拒否し、教会の聖歌隊に入ったラリーが歌うゴスペル、「Peace be still」の歌詞が、そのままこの映画のテーマと直結しているのでじっくりとお聴きいただきたい。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年2月2日
「デトロイト」☆屈辱と差別を体感せよ
Excerpt(概要):黒人の地位向上、人権はほんの少しずつ上がってきているようでいて、実はトランプ政権誕生で再び歴史が繰り返されるような不穏な空気が漂っているのも事実。女性なのに骨太な作品ばかり撮るピグロー監督、今だからこそよくぞ作ってくれました!役を演じるにあたって、とても胸が悪くなったとインタビューで語るクラウス警官役のウィル・ポールター。見ているこちらも最初から最後までしかめ面になり、半分から後は涙が止まらない。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2018年2月1日
『デトロイト』 今も続いている“死のゲーム”
Excerpt(概要):手持ちカメラでドキュメンタリーのように撮られた映像が緊迫感を漂わせ、40分も続くことになるアルジェ・モーテルでの“死のゲーム”の真っ只中に観客も放り込まれることになる。ラリーが選んだのは地元の聖歌隊で歌うことだったけれど、彼の感じたような怒りをもっと前面に押し出していけば、後の世代にはラップのような攻撃的な音楽へとつながっていくことにもなるのかもしれないわけで、今のアメリカにもつながる作品となっているんじゃないだろうか。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2018年1月31日
デトロイト
Excerpt(概要):見応えある作品となってました。ウィル・ポールターは眉毛が特徴あっていじめっ子がすごく似合うので、今回の差別主義者の警官役はハマり役でした。というか最後まで憎たらしい!とても見応えある内容ではあったんでずか、どうもモーテルでの出来事がつらすぎて何度も観られるような作品ではありませんが一度は観ておきたい作品だと思います。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2018年1月29日
映画「デトロイト(日本語字幕版)」 感想と採点
Excerpt(概要):★★★★ 実話ベースとは言え映画の中の出来事と高を括っていると、一気にスクリーンの中の惨劇の渦に引き摺り込まれ、劇中の人種差別を受ける彼らと同じ体験をさせられるます。しかし、本作が訴えるのは、本当に怖いのは、人種差別と言う枠を超えて、極限状態の中で感情や判断力を失う心理や、保身のため悪事に手を染める可能性、他人を攻撃し我が身を優位に立たせたり快感を得る愚行が、実は誰の身にも起こる可能性があると言う恐怖です。世界から人種差別が無くなることを願いつつ、観て欲しい作品です。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2018年1月26日
デトロイト
Excerpt(概要):この映画もハリウッド流の予定調和の世界から逸脱している。多くの人の人生を狂わせた事件にうまく焦点をあわせたキャスリン・ビグロー監督はさすが。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2018年1月12日
参照ページ:デトロイト

Google Web 象ロケ内




象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.