バーニング・オーシャン : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/dttucnmgn
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍

参照ページ:バーニング・オーシャン
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(6)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
劇場鑑賞「バーニング・オーシャン」
Excerpt(概要):この邦題からかなりB級感が漂ってきますが、まさにこのタイトル通りの展開になっていて、あながち嘘ではありません。主演のマーク・ウォルバーグはこういった役が似合います。負傷しながらも指揮を執るジミーを演じたカート・ラッセルはカッコ良かった。全体を通して、圧倒的な迫力とスケール感に満ちた海洋スペクタクル大作になっていました。是非とも大きなスクリーンで迫力を味わって欲しい!
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2017年4月25日
「バーニング・オーシャン」:安全はコストよりも重い
Excerpt(概要):「実話」に引っ張られちゃったきらいもあり、映画の構築としてはそれほど巧みではありません。前置き部分がえらく長いのです。しかも脚本も演出もあまり手際が良くないもので、(一通りやるべきことはやっているのですが)結構退屈してしまいます。カート・ラッセルが出ても、ジョン・マルコヴィチが出ても、特に「いよっ、待ってました」って感じでもなく、二人とも老けたなあって印象のみでした。ケイト・ハドソンもいつの間にか齢(よわい)を重ねておりましたね。災害現場の描写はかなりの迫力です。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年4月23日
バーニング・オーシャン
Excerpt(概要):★★★★ 火災系パニック作品にはハズレなしで、見ごたえある作品でした。本題に入るまでが意外と長かったです。マーク・ウォールバーグだから助かるのは前提で観てるので変な安心感がありましたけどね。マークはこういうのが似合う。カート・ラッセルも渋くて良かったし、お前が悪い...なジョン・マルコヴィッチがハマり役でした。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2017年4月23日
バーニング・オーシャン
Excerpt(概要):★★★★ 2010年メキシコ湾原油流出事故の実話に基づくガチパニック映画。パニック映画はヒューマンドラマをいかにうまく挟むかだが、事故そのものがヒューマンエラーたっぷり。ケイレブ(ディラン・オブライエン)。泥水が逆流していることに最初に気付いた時の目の演技。ゴーグル越しで目立たない演技だがかなり重要なシーン。まるでパニック一本調子のように見えてヒューマンファクターがきめ細かく演じられていて凄くリアルだ。俳優陣がそれぞれの場でしっかり演技してくれているので次第に他人事でなく、自分も現場にいる気分にしてくれる。リグの炎上だけが見せ所じゃなかった。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年4月21日
『バーニング・オーシャン』('17初鑑賞39・劇場)
Excerpt(概要):★★★ 前半は事故に至るまでの経緯を詳しく描き、後半はひたすら爆発炎上事故の中を如何に生き延びるかだけに焦点をあてたパニックものになってました。なので、事故のことを知るには丁度いい教材になりますね。見どころは、後半のパニック・アクション部分。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年4月26日
映画「バーニング・オーシャン(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★前半48分間を我慢すれば、期待通りの実録ディザスター・ムービーが観られます。でも、海底油田掘削現場の説明は多いし分かり難い。全体も事実を追うのに精一杯で、人間の内面に迫るドラマ性に乏しいのが残念。「ディープウォーター・ホライゾン」を忠実に再現した巨大セットや、決死の脱出劇の約1時間にお金が払えるか?だと思います。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2017年4月27日
参照ページ:バーニング・オーシャン

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.