君の名前で僕を呼んで : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/dhzaepggjq
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:君の名前で僕を呼んで
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
君の名前で僕を呼んで
Excerpt(概要):★★★ 個人的な感想として、「これは、愛の営みが自然の欲望のままに行われた、古代ギリシャ、ローマの時代の一瞬の再現を目指しているんだな。」と感じました。エリオの心の動きに沿わされた2時間でした。誰かに恋をする・・っていう切ない気持ちを思い起こさせてくれる作品で、感性の瑞々しさにも心を打たれました。
Weblog(サイト)名 : ごみつ通信  / Tracked : 2018年5月22日
君の名前で僕を呼んで
Excerpt(概要):脚本を書いたジェームズ・アイヴォリーが見事にオスカーに輝いた物語で、17歳のエリオの初恋を描いたこの作品は、人の心を鷲づかみにするように、あまりにも切ないラブストーリーになっていた。最も忘れがたいシーンでは、終盤近くの父と子の対話であります。人世の岐路に立つ息子に、すべてを知っている父親の理解と慈愛に満ちた、知的な助言は感動的でした。エリオの言葉にならない感情を見事に代弁した音楽や、80年代のファッションの再現も素晴らしく、初恋のあまりにピュアで、胸が張り裂けそうな、切なくて美しいさまが主人公のティモシー・シャラメによって昇華されているのも素晴らしかった。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年5月18日
『君の名前で僕を呼んで』
Excerpt(概要):この映画には性的な匂いが充満しているが、それがひと夏の避暑地という風景と純粋でバイセクシャルな2人の恋心により、いやらしさのない甘美な恋の匂いへと変化していく。暖炉の火を眺めながら心を整理するエリオの表情をEDロールと共に長回しで撮りながら見せる演出と、ここで見せるティモシー・シャラメの演技力に心を奪われる。
Weblog(サイト)名 : こねたみっくす  / Tracked : 2018年5月13日
君の名前で僕を呼んで
Excerpt(概要):★★★★ タイトルになった「君の名前で僕を呼んで」と言ったのはオリヴァーだったか。そうすると、ますます少年愛的趣が増す。かと言ってマルシアとの恋がフェードアウトする訳でもない。陽光の輝くこの世界では普通に共存し、スキャンダルのようなダサいエピソードが入り込む余地もない。妙に悩ましくなることもない。これこそが「君を知るや、南の国」イタリアなのだ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年5月13日
「君の名前で僕を呼んで』」:ジェイムズ・アいヴォリーらしさ
Excerpt(概要):ジェイムズ・アイヴォリーらしい文学の香気とある種の格調を漂わせた映画です。イタリアの避暑地の風を感じる映像です。本作のキモはラスト近くにある少年と父との会話(と言うよりは、ほとんど父の独白)シーンでしょう。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年5月9日
ショートレビュー「君の名前で僕を呼んで・・・・・評価額1700円」
Excerpt(概要):★★★★ 物語は淡々と進み、何か決定的にドラマチックなことが起こるわけではない。陽光降り注ぐ北イタリアの別荘という、美しく非日常性のあるロケーションがいい。基本的に本作は、思春期のエリオの静かに燃え上がる恋を描いたファースト・ラブストーリーだが、息子の成長を陰ながら見守る両親、特に父のパールマン教授との関係もユニークだ。マイケル・スタールバーグは、80年代の時点で同性愛を特別視せず、性別を問わない愛の本質を尊重するという、なかなかいないタイプの父親像を、説得力たっぷりに表現していた。深みのある多面性を持つ、青春映画の秀作だ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年5月7日
「君の名前で僕を呼んで」☆ブルータスおまえもか
Excerpt(概要):特筆すべきはEDで魅せる17歳エリオ役のティモシー・シャラメの長回しのアップ。全てはこれを見る為にあると言っても過言ではないくらいの、17歳にして実力派俳優の見せ場が集約されている。報われぬ恋と知ってるならそっと遠くから愛するのが私のイメージする『切ない愛』だけど、自分の気持ちに正直になるのがラテン的本物の愛なのかな。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2018年5月7日
「君の名前で僕を呼んで」感想
Excerpt(概要):ストーリー的には、とりたてて何があるってわけじゃないのだけれど、とにかく映画全てにおいて綺麗なのが良い!北イタリアの夏の風景や、お家やお庭が、素晴らしい。かつ、BGM(ピアノの曲、SUFJAN STEVENSの曲)も素敵!女の子達の扱いが、ちょっと可哀そうだった。
Weblog(サイト)名 : ポコアポコヤ 映画倉庫  / Tracked : 2018年5月4日
「君の名前で僕を呼んで」
Excerpt(概要):男女間、男同士、女同士に関わらず、若い時にする痛みを伴う恋愛の全てを描き出している。当人間(かん)の感情の掘り下げを、セリフよりも、ビジュアルを主に描き出している。だが、ビジュアルだけでこれを見せるのは見事だ。確かに美しい。風景のみならず、感情の推移についても。情愛の芽生え、自分の中での想いの折り合い、短く熱く駆け抜けた夏の中の抑えきれない情熱と猜疑心。全てが美しく描かれており、初めて経験する愛の歓びと痛みを伝えてくる。だが、私は頭の片隅で思うのだ。ちょっと都合良すぎやしないかい?と。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2018年5月2日
参照ページ:君の名前で僕を呼んで

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.