恋は雨上がりのように : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/cqoxjjjwhv
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:恋は雨上がりのように
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(8)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画「恋は雨上がりのように」
Excerpt(概要):実際に鑑賞してみて原作の再現率が高くクオリティの高さを感じました。ただ、雨に関連するシーンの印象が小さかった。主題歌もアニメ版のように雨に関連する曲にしてほしかった。この雨のエピソードを、もっと出していたら文句なしの作品でした。
Weblog(サイト)名 : FREE TIME  / Tracked : 2018年9月8日
『恋は雨上がりのように』をトーホーシネマズ新宿3で観て、
Excerpt(概要):★★★★ 大泉洋はバランス感覚が良く、並以下の人をきちんと表現できる。どちらかと言うと大人物には向かない。今回のキャラは市井の悩む有象無象だから大泉洋のバッチリ範囲内である。ただ、役が大泉洋に近づいてしまうという弊害はあるのだけど。小松菜奈の思いが大泉洋に伝わらず、逆に悪感情を持ってると思われる部分が原作マンガより現実の人間が演じる事で遥かに伝わって面白かった。映画トップで小松菜奈が走り出すシーン、山本舞香の壁ドン。こう、アクションとしての見せ場がズバンと決まる気持ち良さ。映画はマンガより主張が個人発ではなく、共同体発として捕えられやすい。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2018年7月5日
映画 『恋は雨上がりのように』
Excerpt(概要):競技での走るシーンは躍動的で、とても素晴らしかったです。九条ちひろ役の戸次重幸は期待通りの演技でした。西田ユイ役の松本穂香は、とても可愛らしく、橘あきらがファミレスのシフトから抜けたときの変り方は、面白かったです。
Weblog(サイト)名 : こみち  / Tracked : 2018年6月16日
「恋は雨上がりのように」:佳品だけど難点も
Excerpt(概要):思ったよりもキャラクターの心情がきちんと描かれていて、思ったよりも心に迫る作品になっていました。『渇き。』以降の小松菜奈としては、これが一番良いのではないかなあ(自分が観た作品の中で、ですけど)。決して芝居がうまくはないし、表情も微妙なのですが、不思議と説得力があります。大泉洋は、彼にしては相当抑えた演技(当然それは正解です)。地味目に、前に出ないように心掛けながらも、じんわりチャーミングな味を滲ませておりました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年6月3日
恋は雨上がりのように
Excerpt(概要):★★★★ 歳の差恋愛をテーマにした作品はこれまでにもたくさんありましたが、これほど爽やかなラストを迎えた作品は観たことがなかった。これはただのラブストーリーではなく、お互いの存在が人生そのものを変えるほどになった二人の心の交流の物語でもある。一番素敵と思ったシーンは、あきらの小松菜奈の陸上競技場で走るシーンですかね。あきらの走る姿が爽やかに映る。スタイル抜群の小松菜奈が素敵でした。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年6月3日
ショートレビュー「恋は雨上がりのように・・・・・評価額1650円」
Excerpt(概要):★★★★ 当て書きされたかのように、絶妙に演者にフィットする登場人物の造形がいい。この物語が素晴らしいのは、子供のストレートな気持ちにおっさんが真摯に向き合って、大人としての対応をすること。物語の最後に、あきらが近藤に語りかける台詞が印象的。これは映画の序盤のあきらと近藤とのやり取りの対となる台詞で、ちょっぴり切ない経験を通して、彼女もまた少しだけ大人に近づき、相手を思いやり歩み寄れるようになっていることを示す秀逸な描写。人と人との縁がポジティブに作用し、皆が少しだけ幸せになる、とても気持ちのいい作品だ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年6月1日
恋は雨上がりのように
Excerpt(概要): 小松の大泉を見る目、ちっとも恋している目に見えない。陸上部の同僚、清野菜名の方が主役を食っちゃうくらいに生き生きしている。できる限り現実性を持たせないと映画そのものに緊張感がなくなり、緩くなる。そのことは日本映画の緩さにつながっている。テキトーと言えばストーリー自体が青春物語を絵に描いたようにありふれた展開。A→B→Cという風にお約束過ぎるくらいお約束通りの展開で終わってしまった。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年5月31日
恋は雨上がりのように
Excerpt(概要):この映画のように、雨の中、小松菜奈みたいな女子に告られたとする。自分はバツイチだがシングル。いったいどうする?そんな確率ゼロだから考えるだけムダなんてつまらないこと言ってはいけない。この映画を観て、妄想を膨らませて欲しい。生きる活力が生まれてくると思います。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2018年5月22日
参照ページ:恋は雨上がりのように

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.