美女と野獣 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/comfiztad
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:美女と野獣
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(22)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
美女と野獣
Excerpt(概要):★★★★ 本当にアニメに忠実に再現されているようでした。嫌味なガストン役はイケメンすぎるルーク・エヴァンスで、ちょっと違うけど、かっこいいので満足です。好きな俳優さんがたくさん出ていたのも嬉しいです。映像も美しかったです。エマ・ワトソンはきれいで愛らしく、ベルにピッタリでした。歌も上手です。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2017年7月10日
美女と野獣
Excerpt(概要):★★★★★ 野獣はフルCGだと思うけど、リアルな存在感がすごい。小さいハーマイオニーが大人になって綺麗な美女役にはまっている。脚本がいいので、野獣の内面の変化と女性の純粋な愛が見事に表現されている。家具にされた使用人たちの愉快なやり取りも楽しい。見た後に幸せな気持ちになるのがいい。エマ・ワトソンは「ラ・ラ・ランド」のヒロイン候補になったらしいけど、こっちをやって正解だったと思う。彼女の代表作になった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2017年5月28日
「美女と野獣」:エマにはシンデレラを・・・
Excerpt(概要):キャストの面々(特に脇役の方々)の顔がアニメ的です。ヘアメイクや衣装の再現度も高く、よくぞこれだけマンガ顔を集められたものだと感心します。この映画、特にアニメ『美女と野獣』のファンでもない大江戸にしてみれば、不可はないけど割と退屈でもありました。「再現」以上に、オリジナルに映画として跳躍する場面、輝きを放つ瞬間がなかったのです。ベルが丘の上で歌う場面がカメラの移動を含めて『サウンド・オブ・ミュージック』的だったのが、観ていて快感でした。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年5月22日
美女と野獣(2017)
Excerpt(概要):★★★ 本作はミュージカル仕立てのためでしょう、随分と単純化して作られている感じがします。でも、そのため、余計なものが削り落とされて、ゆっくりと本筋を追うことが出来ます。特に、本作においては、書物が重要な役割を果たしているのに興味を惹かれました。本作はミュージカルなので、あまり細かいことに拘泥しても意味はなく、歌と踊りなどを愉しめばそれで十分なのでしょう。エマ・ワトソンながらも、本作では、水を得た魚のようにみずみずしい演技を繰り広げていて、次作が大いに期待されます。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年5月22日
美女と野獣
Excerpt(概要):アニメ版美女と野獣(1991)での感動を損なわない実写版になっていたと思います♪ベル役のエマ・ワトソンはドンピシャのキャスティングだと改めて思ったし、野獣のビジュアルも、魔女なのにイイヒトな存在も成功してる。大感動はなかったけど、私がディズニー映画に求める全てが入っていた作品。たくさんの子供や、若い方に観て欲しいですね。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2017年5月14日
【cinema】『美女と野獣』
Excerpt(概要):これは良かった! もともと好きな作品だったし、キャストがとにかくピッタリだったので、期待値MAXで見に行ったけど、その期待を裏切らない。イヤ、期待以上の素晴らしさだった。吹替版を見て感じたのは、字幕では訳しきれていない部分もきちんと説明されるので、より理解が深まるということと、メインではない登場人物たちのセリフの意味まで分かるので楽しいということ。子供から大人まで楽しめる。女子は絶対好き! 男の子はどうか分からないけど、大人の男性は逆に楽しめるんじゃないかな?全方向オススメ!ダン・スティーヴンス好きな方は素敵な姿は最後まで待たなきゃだけど、待つかいあると思う。エマ・ワトソン好きな方必見です!
Weblog(サイト)名 : ・*・ etoile ・*・  / Tracked : 2017年5月10日
映画『美女と野獣』☆愛し愛される♪ディズニーの夢の魔法♪
Excerpt(概要):エマ・ワトソンが、ドレスのすそを広げながら野獣さんと踊るのが、もう素敵!ミュージカル部分の歌と踊りの迫力が、素晴らしかった!エンドロールで、劇中歌った歌を再度、歌ってくれます。その中で野獣さんが、“一度去ったベルを待っている“という歌はメロディにも歌詞にも、歌唱力にもぐっと、心つかまれます!
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2017年5月7日
美女と野獣
Excerpt(概要):★★★ 豪華絢爛の衣装とミュージカル調の音楽、それにお城の大広間での舞踏会と、見ているだけで楽しくなる作品。ただ、ストーリーとしては、基本はオリジナルの展開にそっているので、今時愛に夢見る主人公とか、インテリぶって田舎の村人たちをバカにする高慢さが、演じるエマ・ワトソンの才女ぶりもあって、結構、鼻につきます。悪役のガストンが、非常に間抜けで、他のディズニーの悪役に比べるとスケールの小ささが、むしろ哀れに思えるのですよね。エマ・ワトソンは美人という意味ではあってるけど、それより、ルーク・エヴァンスの怪演のほうに目を引かれてしまいます。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2017年5月6日
美女と野獣 (2017) 2回目 字幕版
Excerpt(概要):★★★★★ 「日本語吹替版」がお家でのDVD鑑賞なら、「字幕版」は劇場鑑賞といった感じでしょうか。映像の素晴らしさ楽曲の素晴らしさは変わらないのですが、全体のスケールが全く違いました。特にみなさんの歌声!
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2017年5月5日
美女と野獣
Excerpt(概要):期待通りのワクワクする映像と音楽に、最後までニコニコしてしまうような作品でした。ゴージャスな作品でしたね。野獣の表情がアニメよりも豊かになっていて良かったです。特にベルを好きになってからの野獣がとても可愛らしく見えて素敵でした。エマ・ワトソンもキュートで可愛かったです。観終った時、素敵な時間を過ごしたなあとニッコリした1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2017年5月5日
『美女と野獣(2017/米・ディズニー実写版)』('17初鑑賞40・劇場)
Excerpt(概要):★★★★★ 個人的には、120%満足のいく作品でした♪ほぼアニメ通りの場面が多いですが特に、二人の舞踏会。身体中の血が騒ぐ映画的興奮を久々に感じました。オリジナル英語の字幕版しか観てませんが、楽曲の素晴らしさがこの作品の素晴らしさです。既に今年のBEST MOVIE確定作品です♪
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年4月29日
「美女と野獣」
Excerpt(概要):全てが華麗で、全てが素敵。めくるめくファンタジーの香りの中、陶酔にも似た心地が味わえる。困ったことに、悪役のはずのガストンの方がカッコイイんだな!ルーク・エバンス、美味しいぜ!
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年4月27日
「美女と野獣(2017年版)」
Excerpt(概要):★★★ けっこう重たくない?というか、わくわくしないし、軽やかでもないのだね。演出のせいか、お話のせいか。エマ・ワトソンさんは男のハンサム顔とも言える気がして、あんまり魅力に思わない。歌も、メインの1曲以外は知らないし、乗れる曲がない。ベルが高原を駆けてきて歌うところは「サウンド・オブ・ミュージック」、野獣が塔にしがみつくところは「キング・コング」を思わせた。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年4月25日
美女と野獣(2017)
Excerpt(概要): 本作でのベル役のエマ・ワトソンは「ウォールフラワー」のころと比べると、ちょっと大人になってギリギリな感じ。ただ、顔の造形そのものが若く見える。フランス版のレア・セドゥと比べると、さすがに貫禄負けかな。フランス版は子供たちを寝かせつけるためのお伽噺を聞かせるという設定で、ワンクッション置いていたが、本作はガチお伽噺。田舎娘時代の前半はいかにもお伽噺で、踊るシーンが出てくる後半はむしろ現代風に見えてくる。これって失敗じゃなかろうか。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年4月24日
美女と野獣・・・・・評価額1800円
Excerpt(概要):★★★★★ 俳優陣はほぼ全編CGの野獣と召使いたちも含めて、錚々たるオールスターキャストが揃った。これは、名作アニメーションの実写化という枠を超えて、全てのファンの夢を最高の形で叶えた、「シン・美女と野獣」である。本作は、多くのファンを持つオリジナルを最大限リスペクトし、極力そのイメージを損なわない様に作られており、物語はもちろんのこと、ロココ調のプロダクションデザインから衣装、ミュージカルシークエンスの構成に至るまで、オリジナルと音楽的、映像的なイメージが一致する様に作られている。面白いのは、本作にはオリジナルのアニメーション版だけでなく、1946年のジャン・コクトー版の影響を節々に感じること。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年4月23日
『美女と野獣』 教育的で楽しめるミュージカル
Excerpt(概要):本作の野獣(ダン・スティーヴンス)はどこか茶目っ気が感じられるし、作品全体もちょっとだけコミカルな要素も混ぜ込んでいて、誰にでもわかりやすく楽しめる賑やかなミュージカル作品となっている。主人公であるベルも、それを演じたエマ・ワトソンのノーメイクのそばかすもあって、2014年のレア・セドゥ版の艶っぽいベルとは違って、もっと親しみやすい印象になっていたと思う。この作品のテーマは「人を見かけで判断してはいけません」という教えなのだろうが、説教臭さを感じさせないエンターテインメントになっている。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年4月23日
美女と野獣 (2017) 日本語吹替版
Excerpt(概要):★★★ ベルと野獣さん以外のお屋敷の皆さんのキャスト陣は声のみだったんですよね?ラストにユアンやイアン・マッケラン、エマ・トンプソンが出てきた時...あーこの声で聞きたかったと思いました。日本語吹替のみなさんは本当に素晴らしかったんですよ...ただ、あまりにも字幕でご本人の声と歌声が聴けなかったことでテンションが上がらなかったんだと思います。エマ・ワトソンが可愛くて素敵でベル役はぴったりでした。ルーク・エヴァンスの感じ悪い役もハマってたし前半でのおバカな感じも笑えました。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2017年4月22日
美女と野獣
Excerpt(概要):最高です。エマ・ワトソンがかわいい。楽曲ではEvermoreが良かった。
Weblog(サイト)名 : あ-うぃ だにぇっと  / Tracked : 2017年4月21日
美女と野獣
Excerpt(概要):楽しみに待ってた甲斐あった、凄く良かった!!野獣の歌声と声に痺れました。ディズニー印なので安心のクオリティなのは勿論だけれども、ディズニーアニメ版とそんなに違わない展開が嬉しかった。エマちゃんはとてもキュートで可憐に描かれていました。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2017年4月21日
映画「美女と野獣(字幕版)」 感想と採点
Excerpt(概要):★★★★ 実写と最新VFXで現代に蘇るキラキラ輝くお伽噺の世界。個性的な俳優陣たちの素晴らしい歌声と巧みなカット割りで、観客を作品の世界へグイグイと惹き込んで行く。失意のベルを、城の召使たちが大騒ぎするシーンは圧巻。ミュージカルの魅せ方も素晴らしい。個人的に目を奪われたのは、失意のベルを、ポット夫人や蝋燭のルミエール、置き時計のコグスワースや洋服ダンスのワードローブなど家財道具に変えられた城の召使たちが、幻想的な大騒ぎを繰り広げるシーン。あのエネルギッシュでお洒落な場面は、最近のミュージカル映画では飛び抜けて見応えがあった。ベルを演じたエマ・ワトソンの歌唱力、特に高音部が残念だった。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2017年4月21日
劇場鑑賞「美女と野獣」
Excerpt(概要):非常に良かった。アニメ版の名場面を忠実に再現しているので、あの世界にうっとりと浸ることが出来ました。ベルを演じたエマ・ワトソンは、とてもベル役に合っていたと思います。吹き替えでの鑑賞でしたが、舞台俳優たちを起用しているので、ほとんど違和感無し。ストーリーもテンポが良くって、さらに、かなりミュージカルシーンもあるんだけど、どの曲も印象的。CGも素晴らしく、特に物にされてしまった城の住人の動きがとても細かでコミカル。エンディングテーマはアリアナ・グランデとジョン・レジェンドのデュエット曲になっていたのでとても良かったです。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2017年4月21日
[映画『美女と野獣(2017)』を観た]
Excerpt(概要):今のように無制限に開かれた価値観のほうが異常とも思えるので、普通に楽しんだ。フランスの宮廷に、やたらと黒人が目立ったのが気になった。あんましいい印象でない鑑賞序盤だったが、作中一番のお気に入りとなったルミエール(燭台)のメインパート、ベル1人での最初の晩餐のシーン辺りから夢中になり、また、野獣が野獣の時点でなかなかのイケメンでありつつ、憎めないキャラになっているので、その恋の経過に夢中になっていった。うん、ちゃんと泣きましたよ、ホロリと。
Weblog(サイト)名 : 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 b... / Tracked : 2017年4月21日
参照ページ:美女と野獣

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。
自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.