ハクソー・リッジ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/cfiiakqxd
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ハクソー・リッジ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(26)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
【映画】ハクソー・リッジ
Excerpt(概要):ものすごい映画体験でした。戦闘シーンにおけるギブソンの演出はひたすらリアルで、見せたくないものをオブラートで包むことを一切しない。一方でドスの活躍はファンタジーと言いたくなるほどだけど、実話というのだから凄い。共演者の中では、ドスの父を演じたヒューゴ・ウィーヴィングとドスの上司に当たるハウエル軍曹を演じたヴォンス・ヴォーンが印象的。
Weblog(サイト)名 : アリスのさすらい映画館  / Tracked : 2017年8月3日
『ハクソー・リッジ』をトーホーシネマズスカラ座で見て、
Excerpt(概要):★★★★ 日本軍の偉い人のハラキリを手伝った部下の介錯が見事。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2017年7月23日
ハクソー・リッジ
Excerpt(概要):★★★★ 戦場の場面は息つく間もなく、倒しても倒しても日本兵がわらわらと現れる様子は、当時のアメリカ兵の恐怖をみているこちらにも感じさせます。戦争のリアルさがつたわってくるよう。アンドリュー・ガーフィールドは「沈黙」に続いて日本と宗教を描いた作品に続けてでていますね。彼の壊れそうな素朴な容姿が、こういう作品にあっているのかもしれません。彼を支えたテリーサ・パーマーは美人でしっかりものというおいしい役所でした。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2017年7月23日
「ハクソー・リッジ」
Excerpt(概要):構成の見事さもそうだが、映像の迫力も凄く、ドラマ性にも溢れている作品。「ハクソー・リッジ」とは、沖縄本島にある前田高地のこと。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年7月19日
ハクソー・リッジ
Excerpt(概要):★★★★ 後半の戦闘シーンの描写が凄い。最後までダレることなく見入ってしまった。1人救出したら、あともう1人と言いながら何人も救い続ける姿には感銘を受ける。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2017年7月16日
「ハクソー・リッジ」
Excerpt(概要):★★★★ 感動の物語として映画は締めくくられる。戦争の過酷さ、残酷さを余す所なく描写する。ここはまさにメル・ギブソンの真骨頂である。戦争とは何と大いなる矛盾に満ちている事か、宗教は人を救えるのか、人間とはいかなる存在であるのか…。考え、自問するべき事は、あまりに多い。そういう事まで考えさせられた点においてこそ、私は本作を評価したいと思う。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2017年7月15日
映画『ハクソー・リッジ』☆激戦地で丸腰の衛生兵は“命がけ“で!
Excerpt(概要):戦場シーンが、凄まじくスゴイ!この類まれに、とんでもない殺戮シーンは、映画史に残るのではないか!ハクソー・リッジ(絶壁)を降りて退却するときが凄かった!
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2017年7月11日
ハクソー・リッジ
Excerpt(概要):実話を基にした作品は戦争の怖さや虚しさだけでなく、主人公の信念を持った生き様そのものをしっかりと映し出しているような戦争映画になっていました。凄まじい戦場でした。衛生兵として、自分の命を懸けて行なった行為が認められて本当に良かったです。観終った時、やっぱり若者を戦場へ送ることは国を滅ぼすなあとしみじみと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2017年7月10日
「ハクソー・リッジ」:残酷描写にちょっと辟易
Excerpt(概要):戦場映画なもんで、これまで以上にエグイ人体損壊描写満載でお送りいたしております。でも基本的には、古き良きアメリカ映画の伝統を継承するような感動作ともなっております。でも、小生は激しい戦闘描写の連続に辟易してしまい、さほど感動はしませんでした。戦闘シーンの激しさから『プライベート・ライアン』を引き合いに出して語られることの多い本作ですが、同じスピルバーグ作品でも「もう一人救いたい」ってのは、『シンドラーのリスト』と共通してましたよね。いずれにしても、メル・ギブソンはまだまだスピルバーグの域になど達してはおりませんです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年7月8日
ハクソー・リッジ
Excerpt(概要):★★★★ 激しい戦闘の有様がとてもリアルに描き出され、その中での主人公の奮闘ぶりは感動的です。こうした戦争物では、敵側の日本兵の扱いが正視し難いものとなりがちながら、本作ではそうした面は随分と控えめになっていて、その意味でもなかなかの作品といえると思います。アンドリュー・ガーフィールドが、本作では、一段と冴えた演技をしていて、これからが楽しみになります。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年7月5日
『ハクソー・リッジ』のウソとマコト
Excerpt(概要):戦闘シーンで涙が止まらない映画ははじめてだった。日本映画には沖縄戦を描いた作品があるけれど、米軍の側から描いた映画を観るのははじめてだった。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2017年7月4日
『ハクソー・リッジ』 地獄で見つけた奇跡
Excerpt(概要):この作品のなかで死んでいく兵士たちは米兵にしても日本兵にしても数多いのだけれど、日本兵がやられる場面は大方が背後から撮られていた。どちらかいえば無個性な日本兵のなかで、洞窟のなかで割腹自殺する場面だけが妙に丁寧に描かれているあたりは、単純に監督メル・ギブソンの趣味の問題なのだろう。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年7月2日
85『ハクソー・リッジ』グゥの音も出ない正しさ
Excerpt(概要):★★★★ この映画は、後半の壮絶な戦争シーンが取りざたされていますが、前半部の丁寧に積み重ねていくドラマパートがあってこそ。今回、多くの残酷描写に関わらず、PG-12に留めた映倫の仕事は、本当称賛に値します。中高生こそ、何かを感じ、トラウマとするべき、そんな映画です。戦争の圧倒的な不条理さを描きながらも、でも信じていたい正しさを描く。戦争映画の新たな鉄板を、是非劇場で!
Weblog(サイト)名 : シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ  / Tracked : 2017年7月2日
ハクソー・リッジ・・・・・評価額1650円
Excerpt(概要):★★★★ 良心的兵役拒否者としては、アメリカ史上初めての名誉勲章が授与された“異色の英雄”の内面に迫ったユニークな戦争映画であり、宗教ドラマだ。メッセージ性の強いエンターテイメントとしてはとても観やすく、作家としては進化しているのだろうが、ギブソン監督の静かな狂気を期待してたファンとしては、そこだけはちょこっと物足りなかったな。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年6月29日
映画「ハクソー・リッジ(字幕版)」 感想と採点
Excerpt(概要): アメリカ人の気持ちで本作を観られる人は、世界一の臆病者が戦争で英雄になったヒーロー伝説映画として楽しめると思います。私は、本作のどこを見たら監督が反戦の魂を貫き通した作品なのか疑問まま終わりました。ただ、戦後72年目の夏を前に、今のアメリカが当時の日本をどう捉えているのかを知ることは出来ます。かなりグロいので要注意です。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2017年6月28日
「ハクソー・リッジ」
Excerpt(概要):★★★★ ラストには、本人や同じ部隊の兵士のインタビューがあって、実話の感動を深める。本人が出てくると、ああ、ほんとにあったことなんだなと実感できて印象が強くなる。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年6月28日
『ハクソー・リッジ』('17初鑑賞69・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ アメリカ軍も日本軍も 延々続く殺し合い。観てて、だんだん涙が出てきました。アメリカ+オーストラリア映画なので、当然、アメリカ側視点の作品です。エンタメとしても充分。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年6月27日
優しい人間が一番強い。『ハクソー・リッジ』
Excerpt(概要):★★★★ 久しぶりに激しい戦争映画を観た気分です。何より一番驚いたのが、劇中の舞台である戦場が沖縄であった事。そこが日本人の私としては、心情的に一番心に突き刺さる部分でもありました。権力や腕力を持つ人間よりも優しい人間が一番強いのだと改めて認識させられた気持ちになりました。
Weblog(サイト)名 : 水曜日のシネマ日記  / Tracked : 2017年6月25日
[映画『ハクソー・リッジ』を観た]
Excerpt(概要):気になる日本兵の描き方だが、あえて、最後の司令官の自決シーン以外、日本側の事情をドスが存在している場面以外見せていないので、純粋に、アメリカ軍が戦っている「強い相手」以上の描写がなく、反日捏造の危惧はなかった。
Weblog(サイト)名 : 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 b... / Tracked : 2017年6月25日
ハクソー・リッジ
Excerpt(概要):★★★★★ 後半の戦場シーンでは、まるで地獄のような戦場での戦闘シーンが描かれていて目を覆いたくなるような残酷なシーンが続きます。多くの人に観てほしい、いろいろ感じて欲しい作品だと思いました。それにデズモンド・ドスをヒーローとして前面に出しすぎてないところも良かったと思います。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2017年6月24日
ハクソー・リッジ〜専守救命
Excerpt(概要):★★★ エンドクレジットでモデルの現実の人物が写真やビデオ映像で紹介されるが、デズモンドはともかくドロシーは演じたテリーサ・パーマーとそっくりの美人だ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年6月24日
劇場鑑賞「ハクソー・リッジ」
Excerpt(概要):素晴らしい戦争映画の誕生ですね。メルギブだけあって後半の戦争シーンの人体破壊描写が半端ないので、苦手な方は要注意。キャスト陣ではデズモンドを演じたアンドリュー・ガーフィールドは、「沈黙」のキャラにも通じるものがありました。デズモンドの父親、トムを演じたヒューゴ・ウィーヴィングも良かったです。全体を通して、2時間19分もの長尺に飽きが一切ないと思いました。これは是非とも映画館で鑑賞して欲しい!
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2017年6月24日
映画:ハクソーリッジ HACKSAW RIDGE 
Excerpt(概要):「あっという間の2時間20分」、エンドクレジットが出て「えっもう?!」アカデミー賞で6部門ノミネートもうなづける!
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜DAYS OF STRUGGLE〜 / Tracked : 2017年6月24日
「ハクソー・リッジ」☆度胆を抜かれるかつてない臨場感
Excerpt(概要):見事である。今までの戦争映画が足元にも及ばないと思ってしまうくらいのリアルな臨場感。「野火」のグロさに匹敵する血肉飛ぶ戦場の惨状が、目の前にまざまざと見せつけられながら、そこには一筋の希望と癒しがあるという素晴らしさ。メル・ギブソン監督に惜しみない拍手を!ハクソー・リッジ(のこぎり崖)は、和名前田高地。いったいどうやって撮影したのか?と思えるくらい、目の前の兵士の身体がぶっ飛んでも、この映画は美しく戦争映画の理想形である。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2017年6月18日
『ハクソー・リッジ』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★★ デズモンドの働きぶりが山場となっており、敵と味方がひたすら殺し合う戦場で、信仰に支えられた青年の信念が発揮される。戦争など起こらない方がいいに決まっているが、イザという時に自分がどんな立場や役割を選択するのか、鑑賞後にしばし考えたくなる戦争ドラマ。
Weblog(サイト)名 : 作曲♪心をこめて作曲します♪  / Tracked : 2017年6月18日
ハクソー・リッジ
Excerpt(概要):一番嫌だったのは、日本軍投降のふりをして手榴弾攻撃を敢行するシーン。事実なのだろうが日本側の検証も必要。彼らが何故犬死攻撃したのか、せざるを得なかったのかを真摯に描く映画を観たいと思った。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2017年6月17日
参照ページ:ハクソー・リッジ

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.