デス・レース : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/cdizzxjau
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:デス・レース
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(37)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
《デス・レース》
Excerpt(概要):馬鹿馬鹿しいストーリーだし、グロい死に方する人続出なんだけど、面白かったです!本当に敵だらけー。唯一の味方はチームのメンバー!彼らはいいですねー。ちょっと存在感薄いのが残念。最終日のレースでは命を狙われていることも知りながら表面上は一対一の勝負!一体どう切り抜けるの??とドキドキしていると…何だかよく解らない展開に…コーチが「おいこれ見てみろ」と見せられた初日のレースの録画ビデオ…ん?よく解らないです私。まあ何しろハッピーエンドでスッキリ明るい終わり方がいいです!これスクリーンで見たら迫力満点だったことでしょう。
Weblog(サイト)名 : 日々のつぶやき  / Tracked : 2010年11月1日
デス・レース
Excerpt(概要):★★★ 受刑者たちのモチベーションとしては、5回優勝したらどんなに極悪人でも釈放してあげる♪ときたもんだ。もう、刑務所の役割とか知ったことじゃねぇ状態です(笑) ちょっぴりグロシーンも交えつつ、カーアクションはカッコ良いし、ゲーム仕様な演出が面白い。でも、特に何も残らない(笑) B級感丸出しのジェイソン・ステイサムらしい映画でした。彼は鍛えすぎて筋肉がよくわからないことになっていた…!でも、正体を隠す設定な為、あまりしゃべらないので魅力のステイサムボイスがあまり聞けなくてショック…。監督め、アメにムチだなっ!
Weblog(サイト)名 : ☆☆むらの映画鑑賞メモ☆☆  / Tracked : 2010年10月28日
デス・レース(145作目)
Excerpt(概要):★★★ レースは凄い改造車ばかりで良い感じだったけども、レースだけ良くて後は全体的に微妙な感じだったよ。最後は2人が協力して刑務所から脱獄するの満足たが、ナビ役のセクシー囚人の出番が少な過ぎて不満だ。過去のリメイク作品の様だが元の作品を知らない。全体的に少し期待ハズレ。
Weblog(サイト)名 : 別館ヒガシ日記  / Tracked : 2010年2月7日
『デス・レース』を観たぞ〜!
Excerpt(概要):残忍なレースを展開させていくわけで、ドキドキハラハラしてします。無実なのに刑務所に入れられ、命がけのレースに参加せざる追えなくなった主人公は元F1レーサー。そんな設定が似合い過ぎるジェイソン・ステイサムが無骨さむき出しの改造車で怒りを爆発させてレースに参戦している様は、文句なしにカッコいい。対する女刑務所長は怖いくらいに冷静でお上品な冷たさが漂うジョーン・アレン。こういう作品が観たかったんだと思えるお手軽で分かり易くてテンションが上がるド迫力B級映画で気分爽快でありました。
Weblog(サイト)名 : おきらく楽天 映画生活  / Tracked : 2009年11月11日
デス・レース
Excerpt(概要):★★★ 面白かった♪と言うか気軽に楽しめたってかんじ♪ あっと言う間に終わった印象やし、退屈になる事はなかった♪驚いたのは、1975年公開の[デスレース2000]のリメイクって事!!ストーリーで言えば、ホントに単純なお話なので、デスレースの迫力が全て! でも、迫力はあったけど、ドキドキハラハラはなかったかなぁ…主演のジェイソン・ステイサムはやっぱり声がスキ★ 好みの問題もあると思うけど、気楽に楽しめた♪
Weblog(サイト)名 : Addict allcinema 映画レビュー  / Tracked : 2009年5月18日
デス・レース(2008年・米)
Excerpt(概要): 予想以上に楽しめた作品でした。リアルな面はリアルに、アクション面は派手に、といった具合にメリハリが効いて、素直に物語世界に入って行く事ができた。惜しい点を挙げると、レース部分は時間をかけて描かれていたのに、クライマックス部分がやや短時間にまとめられちゃっていた感じがしたので、その辺りの時間配分が惜しかった気はしました。そうは言っても、全体的に見れば楽しめる作品。
Weblog(サイト)名 : SCARECROW'SROOM  / Tracked : 2009年1月8日
335「デス・レース」(アメリカ)
Excerpt(概要):★★★★ レースのシーンはなかなか緊迫感はあったし、ジェンセンの機転により敵を倒すシーンや、モンスター・カーをクラッシュさせるシーンなど面白かった。それぞれのマシンでナビを務めるセクシーな女囚人たち。ちょっと彼女たちの出番は少なめだったかな。オリジナルもカルト的な作品で、本作もB級感漂う作品であるが、マシンの疾走感や激しい対決などを大スクリーンで観られるのはありがたかった。
Weblog(サイト)名 : CINECHANの映画感想  / Tracked : 2008年12月21日
『デス・レース』
Excerpt(概要):★★★ "脱獄不可能の刑務所"というところから、結構オチがよめてしまうものなのだが、ステージ3まであるデスレースにまるでゲーム感覚で武器をゲットしていく様はさすがにバイオハザード・ゲーム版そのもの。またリアルタイムで「デス・レース」を放映し、人気番組となっているのも面白い。ナビゲーター役のナタリー・マルティネスがなかなかエキゾティックでナイスバディで良かったなぁ。
Weblog(サイト)名 : 京の昼寝〜♪  / Tracked : 2008年12月17日
ポール・アンダーソンという監督
Excerpt(概要):ポール・アンダーソンという監督。この監督のB級映画の職人ぶりには注目。作品をスケールアップして見せるはったりの効いた独特の映像センスもB級作品にはぴったり。この監督の面白いところはシリーズを手がけないこと。従って、[デス・レース]の続編が出来たとしても、これは監督はしないのではないか。
Weblog(サイト)名 : 映画と出会う・世界が変わる  / Tracked : 2008年12月17日
劇場へ師走 「デス・レース」
Excerpt(概要):[デスレース2000(1975)] のリメイク、 アメリカが不況になったらこうなる…という設定変更は笑えた。 オリジナルを製作したコーマンが再び製作総指揮、 今回ははるかに上回る迫力だ。 ソリッドな娯楽作品と言えるし、 監督のアンダーソンも主演のステイサムもイギリス人ということで、どこかマジメな気概すら感じる。まだの人は早く映画館へGO!
Weblog(サイト)名 : シネマ走り書き  / Tracked : 2008年12月16日
続編も期待したい「デス・レース」
Excerpt(概要):冷酷な刑務所長を演じたジョ冷酷な刑務所長を演じたジョアン・アレンはこの映画を支えていたと思う。彼女で十分に満足であるが、ケイト・ブランシェットやティルダ・スウィントンではどうであろうかと想像する。オリジナルに主演のデヴィッド・キャラダインは声だけ出演とは気がつかなかった。いっそのことキャラダインやスタローンをカメオ出演させて欲しかった。アん・アれンはこの映画を支えていたと思う。彼女で十分に満足であるが、けイト・ブランシェットやティルダ・スウィントンではどうであろうかと想像する。オリジナルに主演のデヴィッド・キャラダインは声だけ出演とは気がつかなかった。いっそ...
Weblog(サイト)名 : 映画と出会う・世界が変わる  / Tracked : 2008年12月16日
デス・レース アメリカの本音発露?!
Excerpt(概要):経済破綻により犯罪は増加の一途をたどり、その結果は刑務所が不足。刑務所の運営は民営化されているアメリカという舞台設定であるが、その時代が2012年というのが非常にリアル。爆走、銃撃、爆発、炎上、クラッシュと実に派手な見せ場の連続。レースは3つのステージから成り立っているが、それぞれに特長を持たせて、飽きさせない。
Weblog(サイト)名 : 映画と出会う・世界が変わる  / Tracked : 2008年12月14日
「デス・レース」
Excerpt(概要):こんなんならまだロバート・ロドリゲスあたりに撮って欲しかったですね。ポール・W・Sアンダーソンはヤッパ、クリーチャーでてきてナンボ。[マッドマックス2]の20分の1の迫力です。アイデアも希薄で、「マリオカート」程度だし。
Weblog(サイト)名 : クマの巣  / Tracked : 2008年12月13日
デス・レース
Excerpt(概要):★★★ もうどうしようもないハチャメチャさだ。ただし、潔く開き直っている感があり、好みの快作に仕上がってる。この狂った作品は、伝説の狂った作品[デスレース2000]のリメイクと聞いていた。今回は設定が大幅に変わった。武器を沢山搭載した無骨な車で、刑務所の敷地内で囚人たちが戦うのである。あー、面白かった。
Weblog(サイト)名 : ダイターンクラッシュ!!  / Tracked : 2008年12月12日
デス・レース
Excerpt(概要):とにかくこの刑務所は営利目的なわけで。囚人達が繰り広げる「デス・レース」を生中継して収入を得ている。なので視聴率さえあがればなんだってオッケー!みたいな感じなのである(笑)。もうこの辺から、前半にあった「シリアス」な部分がどんどん薄れていって。[チキチキマシン猛レース]+[マッドマックス]+[マリオカート]になっていくわけです。出てくるマシンはどれもマッドマックス風です。
Weblog(サイト)名 : SUPER BLOG.JP  / Tracked : 2008年12月7日
デス・レース
Excerpt(概要):★★★ ちょっとしたゲーム感覚になりますが、死を娯楽としている設定に、やはり残酷さはありますね。ただ、そこにジャンセンの濡れ衣が見え隠れするからサスペンス、復讐といった要素で、若干、残酷さが緩和されていて色々な意味でドキドキ・ハラハラが続く映画でした。レースの長さと展開、アイテムの使い方が絶妙でレース三昧にもかかわらず、飽きずに観ることができました。
Weblog(サイト)名 : ☆試写会中毒☆  / Tracked : 2008年12月7日
「デス・レース」
Excerpt(概要):色々な思惑があって、デスレースどころか出来レースっぽいところもある。要はレースができれば何でもOKで、ツッコミ所は満載だが大変面白い!この映画に出てくる車はヤンキーもびっくりの改造車だし、制作側もわかってるな〜。上映時間105分という手頃さで、この手のお気楽映画は映画は絶対に必要だよ。主演はアクションのできるハゲのジェイソン・ステイサム。
Weblog(サイト)名 : みんなシネマいいのに!  / Tracked : 2008年12月7日
デス・レース
Excerpt(概要):エイムズがレースに参加するまでは思ってたより面白くないのかなぁなんて思ってましたが、レースが始まったらそのレースの内容が結構過激というか改造車に乗ってマシンガンとかバンバンしちゃうのでハラハラドキドキで面白かったです。そしてレースの勝者はどっちだぁなんて思ってたら、ちょっと思ってなかった結末になったのでビックリしました。あのラストで綺麗に纏まっててよかったかも。
Weblog(サイト)名 : Diarydiary!  / Tracked : 2008年12月5日
「デス・レース」アどレナリン全快状態継続中
Excerpt(概要):★★★ ゲーム感覚で派手なカーアクションが続き、この先どうなるんだと思ったら意外にあっけない幕切れ。でもまあ、なんか妙に納得、でもちょっと物足りない。ひとつのアイデアでちゃんとラストまでなんとか引っ張れるのは主演の魅力も大きい。あと何が足らないか、やはり一体感かな。耐え忍んで爆発するようなストーリーの「貯め」の部分が弱いから、ただの痛快なB級アクションで終わっているのが残念だ。
Weblog(サイト)名 : soramove  / Tracked : 2008年12月5日
デス・レース
Excerpt(概要):ストーリーが斬新だなと思ったんですが、なんと75年の[デスレース2000]のリメイクだったんですね!とにかくレースがすんごいことになってます。これさ、当然CGだと思ってたんですが…いや〜それがそうでもないみたいです!コースのさまざまな箇所にポイントが設けられていてゲーム感覚で観れる作品です。お好きな方にはとっても刺激のある映画なんでしょうね。
Weblog(サイト)名 : UkiUkiれいんぼーデイ  / Tracked : 2008年12月5日
デス・レース 2008-65
Excerpt(概要):一番の見所は、デス・レースといわれるカーレースシーンだと思うんだけどねぇ…このレースシーンがイマイチだったかな…あまり車に魅力が無かった。変な装甲がしてあって、車の魅力が全く感じられない。装甲もなんかリアルじゃない、1975年当時のデザインをそのまま持ってきたような感じ…何もかも中途半端な感じでしたねぇ…どっか1つでもエエからもうちょっと頑張って欲しかったです。
Weblog(サイト)名 : 観たよ〜ん〜  / Tracked : 2008年12月5日
「デス・レース(DEATH RACE)」映画感想
Excerpt(概要):★★★★ 一昔前のレースカーにマシンガンとか武器積んで装甲施してって、そのシルエットがまた、バカバカしくてイイ!レースに勝つためなら何でも有りってのは確かに見たら面白い。TV放送としての面白さを、そのまま映画的面白さとも言えますし、裏事情や参加者の思惑なんかも推理しながら見られる楽しさも与えてくれました。スカッと爽快な軽いエンディングもたまには心地よい。
Weblog(サイト)名 : Wilderlandwandar  / Tracked : 2008年12月4日
☆「デス・レース」
Excerpt(概要):★★★★ いやー、やっぱし坊主頭のジェイソン・ステイサムがいいよっ。最初の、妻殺害の汚名を…という出だしはイマイチだったなぁ。度肝を抜かれる極悪レースシーンは凄かったね。一応、元になるクルマはポルシェとか有名どころの車だったりするみたいだけど、鉄板張りすぎてて、何がなんだか見当もつきません。視聴者数で儲ける為に、いろんな仕掛けを作ってる女所長の極悪さが凄すぎっ。
Weblog(サイト)名 : ☆☆ひらりん的映画ブログ☆☆  / Tracked : 2008年12月4日
デス・レース (2008)
Excerpt(概要):レースの設定がおもしろいですね。デス・マリオカート(笑)途中から参戦してくる女刑務所長が作った武装トレーラーがかなりイカしてます。まさに[マッドマックス2]のようです。まぁ、とにかくいい加減な設定をゴリ押ししたB級色の強い、なかなかの作品です。もっとドッカンドッカンやると思ったら割とグロいシーンも多めで、そのあたりはやはりSFホラー好きの監督ならでは?なんて思いました。
Weblog(サイト)名 : カタヤマ 無断でブログ  / Tracked : 2008年12月4日
「デス・レース」みた。
Excerpt(概要):★★★ 真面目に考えるのは野暮という映画。障害物を難なくクリアするドライブテクニックにはため息がでるし、抜きつ抜かれつの迫力あるレースはドキドキもの。"ドクロ"や"ドレッドノート"他による残酷なシーンは目を覆うばかりだが、共闘での"ドレッドノート"破壊や脱出にはしてやったりとの爽快感。分り易いオチや、所長はじめ安っぽい悪党も含めて笑って許せるB級映画と思えばそれなり。
Weblog(サイト)名 : たいむのひとりごと  / Tracked : 2008年12月3日
デス・レース
Excerpt(概要):元ネタを知らなくても支障無しでした。高視聴率をとる為の刑務所側が主催する「番組」なので、レースの場面は番組を「視聴」しているような気分で観ていました。しかも、コースのあちらこちらに「トラップ」が仕掛けてあるんです(笑)ゲームですよゲーム!これ意外とワクワクします。なによりカーチェイスがカッコイイ♪「殺戮レース」なんだけど、気分が悪くなることはありません。スカッとする作品でした。
Weblog(サイト)名 : Peaceナ、ワタシ!  / Tracked : 2008年12月2日
映画「デスレース」を完成披露試写で鑑賞
Excerpt(概要):これは面白かった!伝説のカルト映画[デスレース2000年]をリメイク、設定だけを継承した別物だけどちゃんと繋がっている不思議な作品。ステージ2の大型トレーラー「ザ・ドレッドノート」との死闘は映像的なカタルシスを存分に味わい、最後は少し目頭が熱くなってしまった。ジェイソン・ステイサムの肉体美を生かしたアクションも用意されていて、作り手が観客が何を見たいのかをちゃんと理解しているのが嬉しい。
Weblog(サイト)名 : masalaの辛口映画館  / Tracked : 2008年12月2日
デス・レース
Excerpt(概要):★★★★ これは大きなスクリーンで観なきゃこの迫力はわからんでしょってくらいド迫力ものでした。レースシーンもどこまでが実写でどこまでがCG使ってるのかわからんっっ。特に内容は無いようなお話で新鮮さはなかったです。でも、ド迫力を体験してストレス発散させるのにはもってこいです。まぁ見せ場はレースシーンなのでそのあたりは楽しめたのでヨシとします。
Weblog(サイト)名 : 映画鑑賞☆日記・・・  / Tracked : 2008年12月2日
「デス・レース」 監督自身がファンの心を持つ
Excerpt(概要):ポール・W.S.アンダーソンの作品です。元ネタを発展的にグレードアップするところがなかなか上手なんですよ。レース中に、戦車の砲台をつけたタンクローリーのような巨大な装甲車"戦艦"が突然乱入して死のレースを更に盛り上げますが、これをバカバカしく感じさせないような作りがこの監督はうまいと思います。オリジナルのファンが観たら喜ぶのかもしれないですね。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2008年12月2日
デス・レース
Excerpt(概要):昔のB級バイオレンス・カーレース映画のリメイク。馬鹿馬鹿しくもぐっちぐちにパワーアップして、暴力カーレースのゲームをスタントマンと俳優でやってるようなもの。ここまで来たらメチャクチャで何でもあり。最後にトホホで一杯喰わせるのは、あれだけやって、それ、みたいで、おふざけになってしまうのも。
Weblog(サイト)名 : しぇんて的風来坊ブログ  / Tracked : 2008年12月1日
「デス・レース」
Excerpt(概要):アドレナリン大放出!どっかんどっかんクラッシュするカーアクションでスカッとしますー!刑務所が舞台だからか車が「鉄」「鉛」のごつ〜い感じで。同じレースモノでも[スピード・レーサー]とえらい違い。マークを踏むと武器が使えたり煙が使えたり、わくわくしたし、ラストもご都合主義で勧善懲悪ですっきりデス!スジを求めると物足りないかもですが、アクションシーンはすごい楽しめましたデス!
Weblog(サイト)名 : かいコ。の気ままに生活  / Tracked : 2008年12月1日
デス・レース
Excerpt(概要):まあEASYに楽しめる内容で、監督も[バイオハザード]を手がけてた人。B級色プンプンかと思いきや全然イイ!面白い!最高!気持ちイイ!映画を観る前の心境をスカッとさせてくれたので久々の自分的に大ヒットだ。タイリースという俳優も密かに応援していたのでダブルで楽しめた。こういう爽快感のある真っ当なアクション映画を映画館で楽しむのも良いと思う。
Weblog(サイト)名 : 映画君の毎日  / Tracked : 2008年12月1日
デス・レース
Excerpt(概要):★★★★ カーアクションがとにかく凄い!重厚感たっぷりのド迫力で興奮の連続!!ゲーム的要素を含んだレースがめちゃくちゃ過ぎて面白い。攻撃と防御がワンパターンという勿体なさがあっても、目を離させない画面力に優れた決死のサバイバルを十分に満喫。観客を視聴者に見立てて欲求がエスカレートしていく怖さを見せつけ、ちょっとした皮肉を利かせる演出も巧い。ジェイソン・ステイサムはタフな男が似合う。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2008年12月1日
デス・レース
Excerpt(概要):単純でわかりやすくてよかったです。でもひとつ。こういうカー・アクションのすごさって、映像も揺れて臨場感を出そうとしているので、かえってそのテクニックのすごさがわからないところがあります。ジェイソン・ステイサムはこれや「アドレナリン」のような手のつけられない映画から「バンク・ジョブ」のようなマニアックな作品まで、実は結構「やる」俳優なのかもしれない、なんて深読みしました。
Weblog(サイト)名 : eclipse的な独り言  / Tracked : 2008年12月1日
劇場鑑賞「デス・レース」
Excerpt(概要):★★★ ありきたりと言われればそれまでだけど…ただ、舞台が刑務所内ということで、密閉感や緊張感があり、程よく面白く。とりあえず一番の注目は数々の装甲カーでしょうか?「スゲーな!おいっ!」という感じで、カーレースが戦場と化してます。銃撃・爆発・衝突…この三拍子!!この手の作品はテンポが命ですが、問題なく、あっという間に上映終了♪ラストのオチというか…全てスッキリとしましたよ。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2008年12月1日
デス・レース
Excerpt(概要):★★★ 主演は、「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム。いやぁ〜本作でもその美しい筋肉を意味もなく披露してくれていて、そりゃ〜もう素晴らしかったですよ〜♪ 男の子が友達同士で観るには、盛り上がるんじゃないかなぁ?カー・アクションはかなり興奮します!いかにもなカルトな内容もいいのかも。
Weblog(サイト)名 : ☆彡映画鑑賞日記☆彡  / Tracked : 2008年11月30日
デス・レース
Excerpt(概要):★★★★ いやはや、どうしてなかなか面白いじゃないのコレ!レースですがこれが絶対どっかでこんなゲームやったような・・・しかも攻撃用の武器が、既に世界は完全にゲーム。なぜか防御用アイテムが突然古典的になるあたりも結構笑えます。主人公はしっかり殺人者じゃんかよ!と突っ込みもあるのですが、そんなこと気にしてはいけません。B級カーアクション映画として良く出来た作品でした。
Weblog(サイト)名 : LOVE Cinemas 調布  / Tracked : 2008年11月30日
参照ページ:デス・レース

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.