モリーズ・ゲーム : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/bkiqjqqzsr
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:モリーズ・ゲーム
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(7)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「モリーズ・ゲーム」
Excerpt(概要):知性と品格がある限り、モリーに未来はあるような気がする。実話としてのモリー・ブルームが、現在どこで何をどうしているのか判らないのだが…いやもちろん調べれば簡単に判ることなのだろうが…、私は敢えてそれはしたくない。何故なら、このように知性と品格を兼ね備えた女性は、きっと何度でも起き上がり前進することができると思うからだ。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2018年6月1日
「モリーズ・ゲーム」:面白いけど、長い
Excerpt(概要):かなり面白いですね。そして、半年ほど前の公開作『女神の見えざる手』にも共通するような主人公のキャラクターと知的ゲームが楽しめるエンタテインメント。これが実話ベースだってんで、びっくりです。ジェシカはもちろんのこと、弁護士役のイドリス・エルバが見事! ただ2時間20分ってのがさすがに長くて、中盤以降はシーンが長過ぎて、そこが欠点。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年6月1日
モリーズ・ゲーム
Excerpt(概要):ジェシカ・チャステインは、強いヒロインを演じさせたらピカイチの女優。20代にして華麗なる転身を成功させて、栄光と挫折を味わった実在の人物のスキャンダルの裏側を映画化したもの。ポーカーゲームや裁判の頭脳戦をスピーディな展開で描きながら、権力に媚びない一人の女性の生き方を浮き彫りにしているのが良かった。モリーのへこたれないド根性を讃えるのが、いかにもアメリカ人ウケしそうなストーリーだったと思う。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年5月20日
モリーズ・ゲーム
Excerpt(概要):最初は合法で健全な運営方針も成功して派手になれば派手になるほど反社会的組織の目にとまり、何だかんだで海千山千の連中に食い物にされるのは必然で、この辺の才覚ひとつで成り上がれるアメリカンドリームからの転落劇には見応えはある。オモシロいことはオモシロいけれど、内容のワリにはの長尺も手伝っていまいち波に乗りきれずといったところ。いい面の皮だったモリーの弁護士役のイドリス・エルバと美味しいところを掻っさらっていったケヴィン・コスナーの渋めのオッサンたちの存在を楽しめたことが収穫のひとつ。
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2018年5月20日
モリーズ・ゲーム
Excerpt(概要):軽めな感じでテンポ良く行くのかなーと思っていたら、まるで映像をバックに小説を読んでるようで字幕を追うのに疲れました。モリー役のジェシカ・チャステインがセクシーな衣装が多く胸に目がいってしまった。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2018年5月12日
『モリーズ・ゲーム』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★ 浮き沈みの激しい人生を送ってきたモリーだが、現時点で40歳。これからまだ幾波乱もあるかもしれない。何度でも這い上がる女性のガッツを感じる半生記。見た目も立場も変わっていくが、どのモリーも魅力的だ。掛け金によっては、金持ちでさえ破産してしまうギャンブルの怖さも感じられる。
Weblog(サイト)名 : 作曲♪心をこめて作曲します♪  / Tracked : 2018年5月6日
モリーズ・ゲーム・・・・・評価額1650円
Excerpt(概要):★★★★ ジェシカ・チャステインが演じるタイトルロールがすごく魅力的。ソーキン先生、56歳にして初メガホンを取った渾身の作は、さすがの面白さだ。本作では「ソーシャル・ネットワーク」の構造を踏襲していることを見ても、あえて冒険は避けて無難にまとめようとしている感は否めないのだ。十分に面白い物語を語ってはいるが、独自の映像言語で行間の詩を紡ぐまでは出来ていないのである。本作はポーカーを知らなくても楽しめるが、劇中に幾度か白熱するゲームの描写があるので、基本的なルールや用語をざっくりと予習しておくとベターだと思う。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年5月2日
参照ページ:モリーズ・ゲーム

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.