空飛ぶタイヤ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/bfkdsmqkww
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:空飛ぶタイヤ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(11)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「空飛ぶタイヤ」:時間が足りなくて・・・
Excerpt(概要):序盤は「描き足りない」感がたっぷりでした。「社会派」というよりは一にも二にも「娯楽」で、それは別に悪いことではありませんが、感動するような深みには至っておりません。それどころか、原作のせいなのか、テレビで見た池井戸作品の方が、とりあえずの感動ってやつは味わえましたよ。エンディングのサザンオールスターズは、なんかとってつけたようで、合っているとは思えませんでしたねえ。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年7月7日
『空飛ぶタイヤ』をトーホーシネマズ日本橋5で観て、
Excerpt(概要):★★★ 映画自体は面白いのだけど、現実のひどさが映画を楽しめなくさせてる。ここにこの人置けば盤石だろうってキャスティングで作られている。贅沢で豪華だ。サザンの曲は酔って即興で作ったみたい。この映画に合った曲とは思わない。にもかかわらずメロディーが強くて、すぐ脳内でリピしてしまう。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2018年7月5日
空飛ぶタイヤ〜空飛ぶダイヤの呪い?
Excerpt(概要): 配役的には、ディーン・フジオカと高橋一生が共演するというのはどうなのか。この2人、別々の映画に出ていればさほど似てないのだけれど、同じ作品で同じ背広姿だと正直区別しにくい。髪型も同じだったらえらいこっちゃ。エリート・サラリーマン顔だと表情の変化もだんだん似通ってくるから不思議だ。中小企業の運送会社社長の長瀬の濃い顔と対照的過ぎて却って分かりやすすぎるのも、どうなのかと思えてしまう。その意味で欠陥配役かもしれない。まあ、そのことを狙っての配役かもしれないけれど。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年7月4日
「空飛ぶタイヤ」
Excerpt(概要):近年のコンプラ重視の風潮の中、これまでまかり通ってきたこともそういう訳にはいかなくなるということを、リークという形で正す所は下手なサスペンス物よりも面白い。これは実話を元にした作品である。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2018年7月2日
映画「空飛ぶタイヤ」
Excerpt(概要):典型的な池井戸作品の流れでしたが、そこに至るまでの過程も良く描かれていて、終始目が離せない展開でした。主要人物も魅力的。充分に満足できる内容ですが、やはり長編小説が原作だけに2時間ちょっとでは収め切れなかったかもしれませんね。
Weblog(サイト)名 : FREE TIME  / Tracked : 2018年7月1日
『空飛ぶタイヤ』 三菱自動車 横浜タイヤ脱落母子死傷事故
Excerpt(概要):『空飛ぶタイヤ』は、三菱自動車が起こした数々の事件・不祥事の中でも、とりわけ痛ましい出来事の一つ、2002年の横浜母子三人死傷事故を題材にした作品だ。本作のエンドクレジットには、多くの協力先の名前が並ぶ。取材協力、衣装協力、撮影協力等々の会社の中に、もしも三菱自動車の名前があったなら、あぁ三菱自動車は過去を冷静に客観視できるようになり、本当に生まれ変わったんだなと、感心されたに違いない。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2018年7月1日
『空飛ぶタイヤ』('18初鑑賞47・劇場)
Excerpt(概要):★★★ 長瀬智也の芝居は、お世辞にも上手いとは思わん。ディーン・フジオカの芝居も、決して上手いとは思わない。なによりも、映画的な見せ場が、あまりない。映画的な見せ場、もっとケレン味があっても良いと思う。ただ、お話としては、最初から最後まで引き込まれました。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2018年6月26日
空飛ぶタイヤ
Excerpt(概要):★★★★ 上々たるキャストが勢揃いする社会派群像劇は、その重厚さゆえに物語のはこびが書き割りに陥りがちだが、本作がユニークなのは、むしろその弱点を徹底的に突き詰め、物語の説得力に転じているあたりだろう。登場人物の心理描写、苦悩や怒りといったその感情の機微に、中途半端に目配りする代わりに、彼らの行動そのものにストーリーティングを集約しているとでも言うべきか。そこには永瀬智也やディーン・フジオカ、高橋一生ら役者陣への信頼関係を前提としてあるからだろう。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年6月24日
空飛ぶタイヤ
Excerpt(概要):★★★★ 実際に起きた事故と某企業のリコール隠し事件をそのまんま描いた作品でした。なので事件の裏側を描いた本作はリアリティがあって見応えありました。被害者側の気持ちが切なかったです。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2018年6月18日
空飛ぶタイヤ
Excerpt(概要):★★★★ 副社長が警察署の取調室で証拠ないだとうとうそぶくけど、それを看過する証拠を突きつける場面が爽快だ。悪いやつはとことん悪く描いて、ホープ自動車内部の葛藤も色々ある。他の運送会社まで巻き込んで、警察の捜査方針まで変えてしまう。しっかりと解決した爽快感も見事だった。これは現代の水戸黄門映画です。オススメですよ。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2018年6月17日
劇場鑑賞「空飛ぶタイヤ」
Excerpt(概要):ホントに目が離せない展開でした。メインである会話劇も非常に解りやすく作ってあったと思います。多少の難しい単語はスルーしてください。キャスト陣では主人公の赤松を演じた長瀬さんが熱演、熱い男はやはりカッコイイ!ホープ自動車の沢田を演じたディーンさんも良かったです。全体を通して、男たちの信念が詰まった作品だったと思います。最後までどうなるのか分からない展開なので、全く飽きませんでした!2時間で収めているので、多少の急ぎ足感はあるものの、オススメです!
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2018年6月17日
参照ページ:空飛ぶタイヤ

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.